仏旗 碧雲山(へきうんざん) 普賢寺(ふげんじ) 浄土真宗本願寺派[未]  FUGENJI TEMPLE おてもやん伊藤氏参拝済

住所・電話
〒860-0038 熊本県熊本市中央区古桶屋町44 標高:14.3m MAP GMAP 096-352-9093 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

伊藤氏メモ以下は「当寺案内板」などによる。

当寺は、浄土真宗の教えを熊本の地に最初に伝えた寺院の一つである。開基・道了法師(どうりょうほっし)は、本願寺第8代蓮如上人の弟子で第9代を継いだ実如(じつにょ)上人の命を受け、南九州三県に念仏の教えを広め、永正13年1516菊池の泗水に当寺を創建した。その後、天文6年1537飽田の護藤に移り、さらに加藤清正の求めにより慶長10年1605現在地に移転してきた。

現在の本堂は、明治10年1877西南の役で焼失した6年後に再建されたものである。境内や参道は移転当時のままで、四方に町を配した典型的な一町一寺の形を今に留めている。立派な内陣を持つ大きな本堂には、近年華やかな天井絵があがっている。現第17世。()

ひとくちメモ

伊藤氏メモ門前の「古町地区城下町旧町名板」によると、以下のとおりである。()

ここ古桶屋町(ふるおけやまち)は、桶などを作る木工細工師が住んだ町筋である。民謡「おてもやん」の一節「夜聴聞詣り(よぢょもんまいり)」の舞台はこの普賢寺といわれる。