bukki 合戦嶺観音(かしのみねかんのん) 不詳 [未] KASHIMINE KANNON 相良三十三観音霊場第12番札所 相良新四国八十八ヶ所霊場第87番番外札所

住所・電話
〒868-0092 熊本県球磨郡山江村山田乙2677-1   標高:123.9m MAP GMAP
検索
同地区同宗派(1)  4km以内  関連寺院(2)  周辺のスポット(15)  Links(1)

歴史

当観音堂は、蓮乗寺(真言宗)跡。本尊は木造聖観世音菩薩。他に木造地蔵菩薩坐像(2体)・木造毘沙門天立像・鰐口などがある。皆蓮乗寺ゆかりのもの。

蓮乗寺の起源の寺は江戸初期に廃寺となり、人吉・大信寺の末庵として勝峯庵(しょうほうあん)が開基される。 延宝5年1677頃、「当部三十三観音巡礼」(相良三十三観音霊場)が始まり、勝峯庵が12番札所となる。 数年後、再び廃庵となり、その後、高寺院の支配地となる。

明治元年1867 加志峰[1]集落の管理地になり、大正13年1867相良新四国八十八ヶ所霊場第87番番外となった。

昭和12年1937当観音堂に公民館が併設された。 平成3年1991県道人吉・相良線(県道162号)の拡幅工事の為、観音堂のみが新築移転された。(境内の案内板より)

ひとくちメモ

未参拝の為未稿。

脚注

関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。