bukki 鎮国山 感応寺(かんのうじ) [感応禅寺] 臨済宗相国寺派 坐禅

住所・電話
〒899-0502 鹿児島県出水市野田町下名5735   標高:29m MAP GMAP 0996-84-2075  ホームページ FACEBOOK
検索
同地区同宗派(1)  4km以内  関連寺院(1)  周辺のスポット(1)  Links(2)

歴史

建久5年(1194)、島津家始祖忠久の創建。 開山は栄西禅師。 中興は雲山和尚。 雲山和尚は京都東福寺第2世圓鑑禅師の法嗣(ほっす)で、肥前高城寺より当寺に入山し七堂伽藍九社十景を創建。

明治2年(1869)の廃仏毀釈では当寺も一時廃寺となる。 当時の住職梅嶺和尚は還俗しながらも、本尊:十一面観音像・脇立四天王、幾つかの絵画を甕に入れて隠したことで難を逃れた。 本尊:十一面観音像は文安2年(1445)、仏師院隆による、玉眼嵌入の仏像。

明治13年(1880)、臨済宗相国寺末として再興された。 境内には、廃仏毀釈の折に首をはねられた石造り仁王像がある。(以上 ホームページ・Links① より)

ひとくちメモ

未参拝の為未稿。

関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。