仏旗 興仁山 宗然寺(そうねんじ) 真宗大谷派[未]  SOUNENJI TEMPLE 伊藤氏参拝済

住所・電話
〒832-0816 福岡県柳川市三橋町久末1399-1 標高:7.5m MAP GMAP 0944-73-7952 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

伊藤氏メモ天正8年1580、大友氏の属城・荒平城(福岡市早良区)は、肥前の龍造寺軍に攻められ、城主小田部鎮元(こたべしげもと)と嫡子九郎は戦死した。鎮元の二男源次郎(当時10歳)は、母とともに老臣鬼倉対馬守らに守られて、密かに荒平城を脱出。夜の油山越えをして、味方の立花城(糟屋郡新宮町)へ逃れた。

立花城主戸次道雪(のち、立花姓を名乗る)は、立花山麓の原上村に住居を与えて庇護した。やがて源次郎は、立花道雪に仕え、その豪勇さを知られるようになり、合戦に出ては戦功を立てた。源次郎は、小田部土佐守統房(むねふさ)と名乗り、立花道雪死後は、その養子立花宗茂(当時は統虎)に仕えた。 天正15年1587、豊臣秀吉の九州評定後、立花宗茂は筑後柳川に移封され、土佐守も宗茂に従って立花山から移住した。

この年、土佐守は宗茂の妹千代(のちに、まつ子と改名)を妻に迎えた。 その後、土佐守は宗茂に従い肥後一揆慶長の役などに出陣、宗茂と苦労を共にした。 元和9年1623土佐守は病のため柳川に近い久末の地で53歳でこの世を去った。土佐守の墓は、宋然寺にあり、その妻千代も同所に眠っている。(『ふくおか歴史散歩 (1977年) 』より)()

ひとくちメモ

伊藤氏メモこぶりなお寺で、本堂はかわいらしい(失礼!)感じでした。()