仏旗 朝田山 西光寺(さいこうじ) [西光禅寺] 臨済宗妙心寺派  SAIKOUJI ZEN TEMPLE セッコク 生葉郡中三十三観音第22番伊藤氏参拝済

住所・電話
〒839-1401 福岡県うきは市浮羽町朝田1322 標高:60.2m MAP GMAP 0943-77-2933
周辺の寺院
同地区同宗派検索  4km以内の寺院検索

歴史

伊藤氏メモ康安2年・貞治元年1362の創建。明治の廃仏毀釈までは、いわゆる神宮寺であったという。門前のセメントで固められた小高い墓地は、古墳の名残という。他にも古墳はあったが、水害で地形が変わったり、町営住宅になってしまったという。()

太宰管内志』筑後之2 生葉郡 ○大生寺の項に記載がある。

○大生寺

(前略)『筑後誌三巻』に (中略)末院ハ同郡朝田村西光寺・同小坂村松樂寺・同山北村淸水寺是なりとあり(後略)

ひとくちメモ

西光寺はうきは市の田園地帯に伽藍を構えている。門前は田畑となっており、その先には耳納連山が一望できる。

境内には、観音堂・小宇・石仏群・世代墓が安置されている。 観音堂には「生葉郡中三十三観音22番札所」の木札が掲げられている。 また、「背板 享和3癸亥18032月14日樋口某貳番」の木札もある。

門前の墓地は、作者は初めて見た。 中央に岩でできた西に向かった構造物、それを多数の墓碑が取り囲んでいる。

山門脇のイチョウはかなりの古木である。その脇にある小宇には、 「この寺は銀杏の木より昔からあります。そして今はこの寺の精(御佛木)が毎年実をつけます。」と書かれた木札が掲げてある。

伊藤氏メモセッコクの花も咲き、2016年5月11日付西日本新聞には以下の記事が掲載されている。『うきは市浮羽町朝田の西光寺(徳永滋山住職)でセッコクの花が咲き始め、甘い香りを漂わせている。セッコクはラン科の植物で、立ち木の幹や石のコケ類などに着生。初夏には直径5センチほどの白や淡いピンクの花を咲かせる。約30年前、山で採取した数株を植えたところ、境内全体に広がったという。徳永住職(82)は「5月20日頃までが見頃。花も多くの人に見てもらえば喜ぶでしょう」と観賞を呼び掛けた。6月にはフウランも開花する。』

また、当寺では、人数次第では電話予約で精進料理をいただくことができるという。()


写真

  • 鐘楼
    鐘楼 
  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • 山門
    山門 
  • 鐘楼
    鐘楼 
  • 観音堂
    観音堂 
  • イチョウの木の下の祠
    イチョウの木の下の祠 
  • 門前の墓地(中央に岩の構造物)
    門前の墓地(中央に岩の構造物) 
  • 祠前の石仏群
    祠前の石仏群 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 十三仏
    十三仏 
  • 世代墓
    世代墓 
  • 門前の風景
    門前の風景 
  • 全景
    全景 


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)