bukki 道十里薬師堂(みちじゅうりやくしどう) 仏教礼拝所 ☆☆☆ お乳 那珂川八十八ヶ所霊場第40番札所

住所・電話
〒811-1234 福岡県那珂川市五ケ山   標高:280.6m MAP GMAP
検索
同地区同宗派(52)  4km以内  周辺のスポット(5)  Links(3)

歴史

『筑前國続風土記附録』巻之8 那珂郡 下 道十里の項に「○薬師堂(キタガハ)」とある。 同書が編まれた江戸後期にはすでに当薬師堂はあったようだ。

もとは道十里にあったが、南畑ダム[1]建設に伴い、現在の位置に移された。 7月8日が大祭で、他所に移り住んだ人達が参詣に来る。 当薬師如来は眼病にご利益がある。 薬師堂の元あった水没した位置にはイチョウの大樹(根回:12.4m、高さ37.5m)があった。 水没前には乳飲み子を持つ母親が、乳が出るようにお参りしたので垂乳根の銀杏(たらちねのいちょう)という名で呼ばれていた[2]。(『郷土史那珂川』より[3])

薬師堂の脇に「水没記念碑」が立っている(年号銘などは未確認)。御堂の南隣には山神社の鳥居と石段ががある。

那珂川八十八ヶ所霊場第40番札所(本尊:薬師如来)となっている。

御堂名「道十里薬師堂」は作者が仮称しました。

ひとくちメモ

薬師堂の前は道路を挟んで南畑ダムの湖である。 コンクリート製。間口は2間ほど。御堂の扉は施錠されており格子戸越しの参拝となった。 御堂奥に祭壇があり、十二神将と思しき尊像が確認できるがご本尊は確認できない。 十二神将の一部は倒れている。広い御堂内はかなり荒れている。

ダム建設の為、御堂のお守りをされていた地元の方々はやむなく移転されたのだろう。 今では世話が行き届かなくなっているようだ。

薬師堂に向かって右手には山神社が鎮座している。

写真

  • 祭壇
    祭壇 
  • 祭壇の額(本像薬師如来)
    祭壇の額(本像薬師如来) 
  • 祭壇内(十二神将と思しきものが見えているが、一部倒れている)
    祭壇内(十二神将と思しきものが見えているが、一部倒れている) 
  • 薬師堂
    薬師堂 
  • 看板(かなり色が薄くなっている) - 薬師堂横
    看板(かなり色が薄くなっている) - 薬師堂横 
  • 石塔(中央の大きなものは「水没記念碑」)
    石塔(中央の大きなものは「水没記念碑」) 
  • 境内のシャガの花
    境内のシャガの花 

山神社

山神社
山神社 

当社境内は水没は免れたが、境内には神殿・社殿等は無いようだ。 一ノ瀬の日吉神社に合祀されたと言われるが、集落の離村とともに廃されたという異説あり。(Links③ より)

『筑前國続風土記附録』巻之8 那珂郡 下 道十里の項に下記の記事がある。

山祇(やまのかみ)(神殿方4尺・拝殿2間半3間・祭礼10月15日・奉祀堺若狭)

道枝折(みちしおり)[4]・桑ノ河内の産神也。 西ママは道枝折にあり。 祭る所網取の神におなし。 此祠には木花開耶姫命1座に合わせて3座とす。(以下略)


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。

脚注