仏旗 牛頭山(ごずさん) 高座石寺(こうぞうじ) [高坐石禅寺・高座石禅寺] 曹洞宗  KOUZOUJI ZEN TEMPLE 梅まつり

  • 本堂-後の山がニノ岳
    本堂-後の山がニノ岳 
  • 本堂脇の庭園
    本堂脇の庭園 
住所・電話
〒822-1406 福岡県田川郡香春町大字香春22 標高:74.1m MAP GMAP 0947-32-2221 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

境内の案内板の内容を下に記す。

曹洞宗 牛頭山 高座石寺 由緒

本尊 釋迦釈迦牟尼佛

高座石寺は、往古法華院の地にあり、 最澄の創建による香春神宮寺六坊の一つである。

「香春神社古縁起」に、弘仁5年814最澄が香春社に詣でた時 「後山(香春岳)東腰に方丈の白石あり、大師彼上に坐して7日7夜法華薬草喩品を講じると、 千草万木忽ち成長す、これを高座石と号す」と記されている。

戦国時代永禄年間1558-1570には、 豊後の国大友氏の兵火にかかり堂宇などを焼失する。

天正年中1557-1593、曹洞宗開山光翁長龍和尚、 法華院の旧地に(かや)庵を結び、 石上に坐禅読経する。 郷里の人尊んで開山と称し、「山王山 高蔵寺」と称した。

慶長15年1610、豊前国守細川忠興弟、長岡中務(孝之)は父細川幽斎の石造五輪塔を建て、 以て追福の道場とする。

寛永9年1632、国守細川忠利封を肥後へ移す時、 2世白翁誾龍和尚従い、 その後荒廃する。

慶安年中1648-1651、3世海珠龍呑和尚来住、 中興開山となり、堂宇器物など自然と備わる。

享保6年1721、4世活水宗龍和尚の時神宮院の地より現在地へ移り、 山号を「牛頭山」、寺号を「高座石寺」と改称した。

旧本堂は本茅葺きで400余年を経過し、古刹の面影を残していた。 平成11年10月、再中興25世大鑑恭悟和尚、全面改築して偉容を一新した。

平成22年10月、26世正鑑吾童和尚普山結制式を行う。 ここに仏堂苑池など整い、人心相和し、悠然一動もせざる禪林となる。

合掌

ひとくちメモ

ニノ岳の東側山裾に伽藍を構えている。 境内には巨岩が点在し、その巨岩の上、脇には多数の石仏が鎮座する。

本堂向って左手の池を中心とした庭園はみごと。 3月初旬の梅の時期には多数の梅の花がみられる。 3月の第一日曜日はこの地区では梅まつりが開催され、高座石寺本堂前では多数の出し物がみられる。 境内の花々をページ末尾に載せている。


写真

  • 本堂
    本堂 
  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • 庫裡の扁額
    庫裡の扁額 
  • 鐘楼
    鐘楼 
  • 本堂前の石段
    本堂前の石段 
  • 参道の巨岩上の石仏
    参道の巨岩上の石仏 
  • 参道の石仏
    参道の石仏 
  • 巨岩と石仏
    巨岩と石仏 
  • 遠景
    遠景 
  • 梅
    梅 
  • 巨岩
    巨岩 
  • 観音堂
    観音堂 
  • 地蔵堂
    地蔵堂 
  • 観音堂?
    観音堂? 
  • 観音堂?内の古仏
    観音堂?内の古仏 
  • 観音堂
    観音堂 
  • 観音堂内
    観音堂内 
  • 石仏群
    石仏群 
  • 石仏群
    石仏群 
  • 石仏群
    石仏群 
  • 本堂脇の庭園
    本堂脇の庭園 
  • 本堂脇の庭園
    本堂脇の庭園 
  • 門前の風景
    門前の風景 
  • 梵鐘
    梵鐘 


境内の花々

  • 梅
    梅 
  • 梅
    梅 
  • 梅
    梅 
  • 梅
    梅 
  • ツバキ
    ツバキ 
  • アオキ
    アオキ