仏旗 福聚山 海蔵寺(かいぞうじ) [海蔵禅寺] 臨済宗大徳寺派  KAIZOUJI ZEN TEMPLE 筑前国中三十三観音霊場第21番札所 本尊馬頭観音像ご開帳ゆうれい坂

  • 山門
    山門 
  • 遠景 - 池の向こうが海蔵寺
    遠景 - 池の向こうが海蔵寺 
住所・電話
〒811-4203 福岡県遠賀郡岡垣町内浦931 標高:52.8m MAP GMAP 093-282-6740
イベント情報(今日から2ヶ月間)
日時内容備考
2018-02-18ご開帳本尊馬頭観音像。開始終了時刻はお寺にお問い合わせ下さい。
周辺の寺院
同地区同宗派検索  4km以内の寺院検索

歴史

境内の説明板の内容を記す。

海蔵寺の由来

正慶年中1332-1334峰翁祖一和尚、大暁禅師の開山として探題北条氏某・ 法名鼎岩法周居士が開基となって開創された。

しかし、南北朝騒乱[1]によって廃れ、 開創後約100年、開山の法孫で竺裔玄中和尚という人を中興開山とし、 須藤駿河守・浄興宗三居士とその妻が施主となって再び禅風盛んなるさまを取り戻すことができた。

本尊馬頭観音像は像高62.4cmの坐像である。 昭和38年に福岡県文化財として指定されており、 輪廻聖王の宝馬が世界を縦横無尽に駆けて威伏するように一切の魔障を摧破して、 大悲の本願を果たす威力ある観音として信仰があつく、毎年2月18日に御開帳を行っている。

参考:『筑前の寺めぐり』より『筑前國続風土記』

ひとくちメモ

海蔵寺はR495の内浦を福岡方面に過ぎて通称”ゆうれい坂”と呼ばれる道路を少し登ったところに伽藍を構えている。 寺前には池がありその先には玄界灘を望むことができる。 周辺は田園地帯で恰好のハイキング・散策コースである。

"ゆうれい坂"とは目の錯覚で下り坂に見えるのに空き缶を置くと坂を登って行くのでそういう名前がつけられているとのことである。 作者も実験しようとしたが、車が通る為あきらめざるを得なかった。

写真

  • 幽霊坂 - 写真右手が参道
    幽霊坂 - 写真右手が参道 
  • 本堂前の馬頭観音の石像
    本堂前の馬頭観音の石像 
  • 地蔵菩薩が安置されている祠
    地蔵菩薩が安置されている祠 
  • 境内の石仏様たち
    境内の石仏様たち 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 古い石組 - 本堂に向かって右手の道より撮影
    古い石組 - 本堂に向かって右手の道より撮影 
  • 鴬の池 - 蓋が閉められて中がのぞけない
    鴬の池 - 蓋が閉められて中がのぞけない 
  • 境内から前の池越に玄界灘が見える
    境内から前の池越に玄界灘が見える 


筑前の寺めぐり 』より

伊藤氏メモ開山の大曉禅師は、大応国師(南浦紹明)の弟子で博多崇福寺の3世住職である。海蔵寺には、今も大曉禅師の頂相(掛軸になった肖像画)が残されている。

海蔵寺には、岡垣町吉木にあった岡城の城主麻生隆守の墓がある。天文15年1546に大友宗麟の家臣瓜生左近太夫貞延に攻められて岡城は落城、麻生隆守は家臣とともに海蔵寺まで落ち延び、妻子とともに寺で自刃したと伝えられる。寺には、須藤駿河守とその妻、麻生隆守の菩提のための供養塔が建つ。

また、海蔵寺には、その親孝行ぶりが黒田の殿様にまで聞こえて、褒美に扶持米を母親が亡くなるまでもらった貧しい百姓助六サン(明和8年1771没)の話と墓が、母親の墓ともども残っている。()

『筑前國続風土記』巻之14 ○海蔵寺(禪宗)

福聚山と號す。内浦村にあり。 開山は竺裔和尚と云。永享12年144011月15日に開堂す。 施主は須藤大膳亮入道宗山浄興居士と云し者なりしとかや。

内浦村の山のふかき所にありて、閑寂(かんせき)なる境地なり。

天文15年15469月27日、 麻生河内守隆守[2]此寺にて自殺せる事は岡の城の所に詳にしるせり。

関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)