仏旗 中ノ尾阿弥陀堂(なかのおあみだどう) 不詳  MUNAKATA-EAST NO.53 宗像四国東部霊場第53番 赤間道

  • 阿弥陀堂(左)と大師堂
    阿弥陀堂(左)と大師堂 
  • 88仏(拡大)
    88仏(拡大) 
住所
〒811-4153 福岡県宗像市吉留 標高:43.5m MAP
周辺の寺院
同地区同宗派検索  4km以内の寺院検索
Links
正見行脚:中ノ尾阿弥陀堂へ(宗像市吉留)

歴史

御堂の縁起等は不詳。分かり次第追記します。

宗像四国東部霊場第53番(本尊:阿弥陀如来)となっている。

阿弥陀堂内の「階段修復工事 寄付者御芳名」の板には昭和49年11月吉日の銘がある。

ひとくちメモ

御堂は小高い丘の上にある。 参道口は丘の北側を東西に走る県道29号線沿いにある。西鉄バスの「中の尾」バス停前である。 石段を80段ほど登れば境内である。

境内には、札所となっている阿弥陀堂・大師堂・修行大師像・88箇所霊場を模した88体の石仏などがみられる。 阿弥陀堂内はかなり荒れている。「宗像四国東部霊場 本尊 阿弥陀如来 中ノ尾 第5拾参番」の札が掲示されている。

丘の南側は、県道29号線と平行して旧道(赤間道)が通っている。 御堂が、藩政時代からあったとすれば、この旧道沿いが表参道だったのかもしれない。 現在でも旧道から境内に登って参拝は可。但し、がけ崩れの補修用と思われるブルーシートが見られ道らしいものが見当たらない。

この南側の参道口の前後100m程の道は、旧街道の風情を残した道となっている。 参拝の折にはお見逃し無く。


写真

  • 阿弥陀堂
    阿弥陀堂 
  • 阿弥陀堂内の祭壇(一番左手が阿弥陀如来か?)
    阿弥陀堂内の祭壇(一番左手が阿弥陀如来か?) 
  • 大師堂
    大師堂 
  • 弘法大師 - 大師堂内
    弘法大師 - 大師堂内 
  • 88仏
    88仏 
  • 88仏
    88仏 
  • 修行大師(台座に大正4年3月銘)
    修行大師(台座に大正4年3月銘) 
  • 山門
    山門 
  • 参道口(左右方向の道は県道25号線。西鉄バスの「中の尾」バス停が見える)
    参道口(左右方向の道は県道25号線。西鉄バスの「中の尾」バス停が見える) 
  • 参道の石段
    参道の石段 
  • 赤間道側の参道口
    赤間道側の参道口 
  • 赤間道(右手の土手を登った所に阿弥陀堂) - 赤間に向かって撮影
    赤間道(右手の土手を登った所に阿弥陀堂) - 赤間に向かって撮影