heritage かさ地蔵(かさじぞう) 仏教礼拝所 ☆☆☆ 薩摩街道

住所・電話
〒835-0112 福岡県みやま市山川町北関   標高:42.6m 地図
検索
同地区同宗派(8)  ( 4km以内 ) MAP  周辺のスポット(4)  Links(1)

歴史

国道443線の脇に大きなシイノキがありその根本にかさ地蔵の小堂と向かって左手に供養塔が立っている。 境内の案内板の内容を下に記す。

(みやま市指定文化財)かさ地蔵

江戸時代後期の建立。 板碑状の石に線刻されています。 後光が笠をかぶっている姿に見えることにその名が由来していると考えられます。

田尻因幡守種貞供養塔

供養塔には、「田尻因幡守種貞/圓寂鎮了安大居士/文禄2癸巳年(1593)春2月21日/明歴2年(1656)忌日造立/焉末孫田尻種元」と4行に刻まれています。

田尻氏は飛塚[1]に本城を構え、代々ここを居城とする土豪でしたが、永禄年間(1558-1569)に城主田尻親種が鷲尾城に移り、飛塚は城番に守らせました。

種貞の事蹟については明らかではありませんが、おそらく文禄2年(1593)文禄の役(秀吉の朝鮮出兵)で戦死したものと思われます。

みやま市教育委員会/山川町郷土史研究会

地蔵堂の前の国道443線は薩摩街道である。

ひとくちメモ

かさ地蔵はシンプルな線刻である。良いお顔をされておられる。保存状態は良好である。 地蔵堂に向かって左手の供養塔の脇には、石塔と思われるものも確認できる。

写真

  • かさ地蔵
    かさ地蔵 
  • かさ地蔵(頭部拡大)
    かさ地蔵(頭部拡大) 
  • 地蔵堂前の薩摩街道(国道443線。左手がかさ地蔵)
    地蔵堂前の薩摩街道(国道443線。左手がかさ地蔵) 
  • 遠景(シイノキの根本付近に地蔵堂と供養塔がある。左右方向の道は薩摩街道)
    遠景(シイノキの根本付近に地蔵堂と供養塔がある。左右方向の道は薩摩街道) 

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設・他のページは当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。

脚注