仏旗 霊松山 大祥寺(だいしょうじ) [大祥禅寺] 臨済宗妙心寺派[未]  DAISYOUJI ZEN TEMPLE 薩摩街道

住所
〒835-0011 福岡県みやま市瀬高町松田612 標高:10.2m MAP GMAP  
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

Linksのページによれば、立花家の記録に元禄14年1701二尊寺の依頼により、鷹尾村の大祥寺(1324年頃の創建)を松延村(現地点か?)へ移転したとある。 明和8年1771久留米梅林寺の和尚が中興。本尊は聖観音菩薩。

慶長7年1607(田中吉政藩主の時)、関ヶ原の戦いで敗れた立花宗茂は、加藤清正に一時預かりの身になり高瀬で蟄居中の時期から、正室の闇千代姫も蟄居中の肥後の赤腹村の米や金品を隠れて仕送った罪で、在力村(現・清水村)の首切坂付近で松延村の大庄屋樺島式部と嫡男樺島彦左衛門と壇庄屋の嫡男壇七郎兵衛(はりつけ)の刑に処された。境内には樺島親子の墓があるという。

寺の北側の道は薩摩街道である。

ひとくちメモ

未参拝の為未稿。



関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)