仏旗 内尾山宝蔵院(うちおさん) 相円寺(そうえんじ) [内尾薬師・相圓寺] 天台宗[未1]  SOUENJI TEMPLE 九州四十九院薬師霊場第7番札所 行基

住所・電話
〒800-0362 福岡県京都郡苅田町馬場268 標高:117.5m MAP GMAP 093-436-2110 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

伊藤氏メモ『内尾山宝蔵院相円寺由緒記』によると、「開基は光林坊なり。聖武天皇の御宇(724年-749年在位)、法浄窟に御宝座の薬師仏を祭祀すべく、勅命により下向して寺院を建立。法相宗より天台修験となり、また真言宗の時代もあったが、現在は天台宗に属す」とある。相円寺は、内尾山の中腹にあり、藩政期は小笠原氏の祈願所であった。(『九州四十九院薬師巡礼』より)()

Linksのページによれば、本尊の薬師如来像(像高:272cm)は行基作と伝えられている。

ひとくちメモ

250段余の石段を登らなければならず、九州四十九院薬師霊場の中で最大の難所だと言われている。