仏旗 香林山冷智院(こうりんざん) 無量寺(むりょうじ) 浄土宗鎮西派  MURYOUJI TEMPLE 筑後三十三箇所観音霊場第18番札所 伊藤氏参拝済

  • 本堂
    本堂 
  • 山門
    山門 
住所・電話
〒830-0044 福岡県久留米市本町8-4 標高:14.6m MAP GMAP 0942-32-3010
検索
同地区同宗派寺院  4km以内
ホームページ
浄土宗 香林山冷智院 無量寺 お待ちしておりました

歴史

伊藤氏メモコンクリート造2階建ての大きめな寺院。現第23世。山門入ってすぐ左側には、平成24年開眼の聖観世音菩薩像があり、筑後33か所18番札所となっている。境内の案内板に次のような記載がある。

寛永3年1626荘島に創建され、寛文3年1663頃に現在地に移り、僧貞誉が復興したと言われている。本尊は木造阿弥陀如来立像で、檜材を用い、彫眼で表面に漆を置き、金箔を施した漆箔増である。全体の感じから、平安時代末から鎌倉時代初期の仏像と考えられる。作者不明。両手は胸前で上品中生(きょうぼんちゅうじょう)説法印の型をとり、全国的にも数少ない作品である(大正元年国指定重要文化財)。

()

伊藤氏メモ当寺は、昭和20年19458月11日、終戦直前の久留米空襲で罹災し、本堂・庫裏をはじめ有馬家から拝領した山門、貴重な仏像・寺宝の類、記録の全てが灰燼に帰した。幸い、疎開させていた国宝の本尊・阿弥陀如来像が唯一無事であったという。鉄筋コンクリートの現本堂は昭和44年1969、山門は平成7年に再建された。(『筑後の寺めぐり』より)()

ひとくちメモ

境内の建物は鉄筋コンクリート製。本堂は建物側面の階段を登った2階にあるようだ。 山門をくぐってすぐ左手に聖観音が立っている。 この観音様は表の道からもよく目立つ。

写真

  • 法然上人像
    法然上人像 
  • 聖観音 - 横から撮影(逆光すみません)
    聖観音 - 横から撮影(逆光すみません) 
  • 境内風景 - 本堂を背にして撮影
    境内風景 - 本堂を背にして撮影 
  • 境内案内図
    境内案内図 
  • 本堂への石段
    本堂への石段 
  • 南側の門
    南側の門 
  • 聖観音(逆光すみません)
    聖観音(逆光すみません) 
  • 聖観音像脇の石碑「筑後西国三十三ヶ所 十八番札所」
    聖観音像脇の石碑「筑後西国三十三ヶ所 十八番札所」 
  • 喚鐘
    喚鐘