仏旗 須賀神社大師堂(すがじんじゃだいしどう) [須賀神社] 不詳  SUGASYA-DAISHI-DOU 粕屋北部新四国八十八箇所霊場第22番札所 粕屋北部新四国八十八箇所霊場第24番札所 粕屋北部新四国八十八箇所霊場第25番札所 伊藤氏参拝済

  • 社殿と大師堂(右手奥の建物)
    社殿と大師堂(右手奥の建物) 
  • 大師堂
    大師堂 
住所
〒811-3121 福岡県古賀市筵内1450 標高:30.2m MAP GMAP  
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

大師堂の縁起等は不詳。分かり次第追記します。大師堂は須賀神社境内にある。

粕屋北部新四国八十八箇所霊場第22番札所(本尊:薬師如来)、同24番(本尊:虚空蔵菩薩)、同25番(本尊:地蔵菩薩)となっている。

町名「筵内」は「むしろうち」と読む。 御堂名「須賀神社大師堂」は粕屋北部新四国八十八箇所霊場の表記に従った。

伊藤氏メモ『古賀市パンフレット』には、「須賀神社」について以下の記載がある。()

須賀神社:古賀市内に4か所ある須賀神社の一つ。明治時代の廃仏毀釈前は祇園社と呼ばれた。祭神は牛頭天王(須佐之男命 )で、悪疫退散・商売の神様とされている。放生会(9月18日)には、医王寺の秋葉神社のおくだりがあり、地元住民による演芸奉納で賑わう。

ひとくちメモ

大師堂は須賀神社社殿に向かって右手奥にひっそりとたっている。 御堂は5つの区画に仕切られており、その最右翼の区画に霊場本尊が安置されている。 向かって左手より地蔵菩薩(第25番本尊)、弘法大師、虚空蔵菩薩(第24番本尊)、薬師如来(第22番本尊)の順に並んでいる。

鳥居の脇には大楠があり、門前には5基の庚申塔が並んでいる。享保1716-1736銘のものもある。 社殿の西隣の都筵内会館には「夜学舎跡」の看板が添えられている。門前の斜め前の道路の中央部緩衝帯部分は御大師様公園がある。


写真

  • 鳥居
    鳥居 
  • 霊場の区画(左手より地蔵菩薩、弘法大師、虚空蔵菩薩、薬師如来) - 大師堂最右翼の区画
    霊場の区画(左手より地蔵菩薩、弘法大師、虚空蔵菩薩、薬師如来) - 大師堂最右翼の区画 
  • 「西国霊場」 - 大師堂左手より4番目の区画
    「西国霊場」 - 大師堂左手より4番目の区画  
  • 「大日如来」(安置されているのは観音菩薩と思われる) - 大師堂左手より3番目の区画
    「大日如来」(安置されているのは観音菩薩と思われる) - 大師堂左手より3番目の区画 
  • 「天満宮」 - 大師堂左手より2番目の区画
    「天満宮」 - 大師堂左手より2番目の区画 
  • 「無名(表示板欠落)」 - 大師堂最左翼の区画
    「無名(表示板欠落)」 - 大師堂最左翼の区画 
  • 霊場額
    霊場額 
  • 霊場額
    霊場額 
  • 霊場額
    霊場額 
  • 大楠 - 大師堂を背にして撮影
    大楠 - 大師堂を背にして撮影 
  • 全景
    全景 
  • 門前の庚申塔群
    門前の庚申塔群 
  • 「人生訓」 - 社殿に向かって左手
    「人生訓」 - 社殿に向かって左手 

夜学舎跡

夜学舎跡(軒下の左右の端にスピーカー) - 社殿を背にして撮影
夜学舎跡(軒下の左右の端にスピーカー) - 社殿を背にして撮影 

夜学舎は東側の圓盛山 谿雲寺の和尚が創設したもの。(谿雲寺の記事を参照のこと。)創建当時と現在とでは様相は異なっていると思われる。

社殿側から見ると、大きな舞台となっているようだ。軒下の左右の端にスピーカーが設置されている。 毎年9月18日には「放生会」が催されているようだ。


御大師様公園

公園内の石碑(「都 筵内 御大師様公園」)
公園内の石碑(「都 筵内 御大師様公園」) 
巨大な弘法大師像
巨大な弘法大師像 

巨大な弘法大師像は真西に向かって立っておられる。 その目の先は中国長安の都なのかもしれない。

台座の裏面に由緒書きの石板が設置されている。

それによると尊像は平成9年199710月に寄進された(開眼法要の導師は南蔵院の住職)。 谿雲寺の裏手を流れる大根川の名の由来も記されている。詳しくは古賀市(2014-07-19)|伊藤氏のお寺めぐり記参照のこと。