bukki 八児地蔵(やちごじぞう) 不詳 YATIGO-JIZO フジ 長崎街道 帆柱新四国霊場第55番

住所・電話
〒807-0074 福岡県北九州市八幡西区町上津役西4丁目   標高:28.8m MAP
検索
同地区同宗派(40)  4km以内  周辺のスポット(8)

歴史

街道に面した所に案内板(平成17年4月1日 八児まちづくり協議会)がある。 その内容を下にそのまま記す。

⑥八児地蔵町上津役西4丁目

享和2年1802の遠賀川往還図には、すでに、この位置に地蔵が描かれている。地蔵にちなみ、旧前は付近のほのけ(小名原文ママ)を地蔵川といって、小嶺村との村境であった。今でも大切に祭られていて、お参りが絶えない。 不動尊は後に併祀されている。

⑦町上津役橋旧称お地蔵橋

この街道筋の金山川・黒川などには橋がなかった。文化元年1804奉幣使通行の際にはじめて架けられた。 それ以前は飛び石わたりであった。

現町上津役橋は金山川で年月をしるす橋ではもっとも古く、昭和初期の面影を残している。

地蔵堂の前の道は長崎街道である。帆柱新四国霊場第55番(本尊:地蔵菩薩)となっている。

ひとくちメモ

境内は4-5株の藤棚の下にある。 御堂内には地蔵尊が6-7体安置されている。 その中で、大きな3体は素朴なお顔をされている。3体共微妙に異なるお顔。誰かの顔を模写したのだろうか?

御堂の脇には不動明王が立っている。

町上津役橋(旧称お地蔵橋) は、御堂のすぐ南側にある。これは、近代になって架け替えられたもののようだ。

地蔵堂内に農事組合が書いた張り紙が掲示されており、「あてこ(前掛け)を奉納する人が多く、そのストックが多くなり、保管中に黄ばんでしまうので、必要なときは連絡する」旨のことが書いてある。 作者は今まではこの「あてこ」のことを「前掛け」と呼んでいた。また一つ勉強になった。 この呼び名はご当地独特なものかどうかはわからない。ちなみに、この「あてこ」は「よだれかけ」が一般的なようだが詳しくはわからない。

写真

  • 祭壇
    祭壇 
  • 地蔵堂の前面(牢屋のような鉄格子)
    地蔵堂の前面(牢屋のような鉄格子) 
  • 地蔵尊の頭部(素朴なお顔)
    地蔵尊の頭部(素朴なお顔) 
  • 地蔵尊の頭部(素朴なお顔)
    地蔵尊の頭部(素朴なお顔) 
  • 地蔵尊
    地蔵尊 
  • 不動明王
    不動明王 
  • 不動明王(尊像は黒光りしている。いつも撫ぜられているのだろう。) - 横から撮影
    不動明王(尊像は黒光りしている。いつも撫ぜられているのだろう。) - 横から撮影 
  • 境内風景(藤は4-5株)
    境内風景(藤は4-5株) 
  • 地蔵堂前の長崎街道 - 左手が地蔵堂
    地蔵堂前の長崎街道 - 左手が地蔵堂 
  • 案内板
    案内板 
  • 町上津役橋(旧称お地蔵橋。左右方向の道が長崎街道。左端に地蔵堂の藤棚が見える。)
    町上津役橋(旧称お地蔵橋。左右方向の道が長崎街道。左端に地蔵堂の藤棚が見える。) 

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。