仏旗 清龍山観音院 清水寺(きよみずでら) [小笠原藩祈祷寺・清水観音] 真言宗  KIYOMIZUDERA TEMPLE 参道の石段紅葉 除夜の鐘を撞ける 北九州西国三十三観音霊場第11番札所

  • 全景(正面は弁天池)
    全景(正面は弁天池) 
  • 本堂
    本堂 
住所・電話
〒803-0841 福岡県北九州市小倉北区清水4丁目7-14 標高:22.4m MAP GMAP 093-561-2541
周辺の寺院
同地区同宗派検索  4km以内の寺院検索

歴史

本堂前に掲げられた案内板の内容を下に記す。

清水かんのん縁起

聖武天皇701-755勅願所 清龍山観音院清水寺は古来豊前國企救(きく)の御堂と称し 大宝年間701-704、観任僧正の開基にして慶長3年1598細川忠興小倉城造営に当り城の裏鬼門よけ祈祷寺として堂宇を再建し 寛永9年1632小笠原忠真公城主となるや公も亦室永貞院様と共に信仰せられ代々寺禄を賜わり 明治に至る。

遺跡としては、細川公の築城時の石垣、方円流柔道開祖方円斉及び書家樽原秀近の碑、 元和・文化・嘉永の経塚、最中庵我山の句碑等ありてよく千古の歴史を保ちて現在に至る。

「裏鬼門」とは南西((ひつじさる))の方角で、確かに清水寺の位置は小倉城からみて南西の方角である。 それでは(表)鬼門はというと小倉城より2kmほど東北((うしとら))に延命寺という地名がある。 そこには現在黄檗宗の延命寺が存在する。

ひとくちメモ

みぞれ降る中のお参りでカメラが濡れるのを気にしながら境内を散策していると、 住職の奥様が出てこられ寒い中、境内の案内をしてくださった。 本堂にも写真撮影しないことを条件に上がらせて頂いた。 本尊の千手観音像は秘仏とのことで拝めなかったが、写真が本堂の壁に掲示されており拝むことができた。 感謝感謝。

本堂を背にして右手には古い鳥居があり、その前が清水寺最大のパワースポットとのこと。 その鳥居をくぐって石段を上り墓地の中を右手に進むと金毘羅社が鎮座している。 ちょうどイチョウの葉が地面に敷き詰められ綺麗であった。

清水寺では祈祷も行われ、祈願成就の方々のお礼参りが絶えないという。

本堂に向かう参道は3つある。 いずれの参道も弁天池がその始まりである。 向って左手は舗装されている道。向って右手にも石段の道。 一番古い参道は中央の道とのこと。 参道の石段は苔むしておりかなりの歴史を感じるものとなっており、案内板に記載されたものと思われる 小倉城築城時の石垣なども見られる。

写真

  • 本堂
    本堂 
  • 鐘楼
    鐘楼 
  • 小笠原家の家紋「三階菱」の幕
    小笠原家の家紋「三階菱」の幕 
  • 歓喜天堂
    歓喜天堂 
  • 毘沙門堂へ向かう鳥居
    毘沙門堂へ向かう鳥居 
  • 毘沙門堂
    毘沙門堂 
  • 毘沙門堂へ向かう鳥居-石段の上から撮影
    毘沙門堂へ向かう鳥居-石段の上から撮影 
  • 弁天堂(参道口の弁天池の中にある)
    弁天堂(参道口の弁天池の中にある) 
  • 境内風景-本堂を背にして撮影
    境内風景-本堂を背にして撮影 
  • 経塚か?
    経塚か? 
  • 不動明王(本堂向って右手)
    不動明王(本堂向って右手) 
  • 境内の石仏
    境内の石仏 
  • 境内の石仏
    境内の石仏 
  • 経塚か?
    経塚か? 
  • 傘地蔵
    傘地蔵 
  • 参道の石段
    参道の石段 
  • 石段下の百度石
    石段下の百度石 
  • 参道の石段
    参道の石段 
  • 参道脇の石垣
    参道脇の石垣 
  • 梵鐘
    梵鐘