bukki 樒山(しきみさん) 謹念寺(きんねんじ)  [樒寺]  真言宗醍醐派 [未]   KINNENJI TEMPLE 豊前国三十三観音霊場第27番札所

住所・電話
〒800-0222 福岡県北九州市小倉南区中曽根3丁目7-8   標高:4.9m MAP GMAP 093-471-7476 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内  関連寺院(1)  Links(2)

歴史

白鳳年中650-654[1]甲冑(かっちゅう)を着けた一人の武士が海中の藻屑(もくず)の中で光明を放っていた観音像をいただき、剃髪して道鎮と号した。後年、堂をこの地に建立して、毎月6日に市を開いた。その為、当寺周辺の地名を「市場」[2]という。

永正5年1508別府氏が当山の再興し、樒寺しきみでら(樒堂)[3]と号した。

永禄4年1561の春、堂宇は大友の兵火に遭い焼失した。

天正18年1590一宇が再建された。 その後、観音像は守られ、昭和4年1929第61世・別府一馬氏の時、1250年祭が執行された。 一馬氏は英彦山の一坊をまかされていたとも言われる。(以上 Links① ,Links② より)

寛永年間1624-1644小倉藩初代藩主・小笠原忠真が、謹念寺中興・第51世林学坊の時、来寺して良田を寄贈している。現在の門前の道を挟んだ所に茶室が建ち、忠真がそこで休んだという。

第62世・別府嘉和氏(僧名:信戒、平成17年2005寂)は、学校の教師をしながら謹念寺を守ってこられた。 また、宝明院[4]の住職にも就いた。 現在、謹念寺は宝明院の住職が兼務している。

本尊の観音像は33年に1度だけの御開帳となっている。 本堂内には如来型立像(平安時代)・2体の不動明王(小倉城内に祀られていたものと、宮本武蔵・伊織の守り本尊と言われるもの)などが祀られている。 当寺は豊前国三十三観音霊場第27番札所となっている。(以上 Links② より)

ひとくちメモ

境内には、板碑、一石五輪塔、五輪塔、宝篋印塔などが集積されているという。

関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)

脚注