仏旗 観慈亭(かんじてい) 不詳  KANJI-TEI 帆柱新四国霊場第54番 底井野往還

    観音堂
    観音堂 
    境内の石仏群
    境内の石仏群 
住所
〒807-0075 福岡県北九州市八幡西区下上津役2丁目18-7 標高:15.8m MAP GMAP  
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

観慈亭前の街道沿にある石製の案内板の内容を記載する。

当山発起者、 大和与市が明治15年香月白岩山聖福寺に奉納した絵馬の右上には、 次の様に書かれている。

明治6年国民暴動の事起こるや、与市あざむかれて暴動の頭となる故を以て繋獄70余日に及び云々(楽山外史撰)

この間与市は、水責めソロバン責め等言語に絶する責苦にあうもひたすら観世音菩薩を祈って免を明らかにせんことを乞ふ。

そのため妻シナは、 白岩観音に願をかけ毎夜草木も眠るという丑満時下上津役(しもこうじゃく)から白岩観音迄、 当時は道らしい道もない山道を歩いて夫与市の無実を祈った。

遂に満願の日がきた。

その夜与市は、夢現の中にやさしい勢至観音菩薩が雲に乗って現れ下にいる稚児たちに勝栄を与へるを見る。

これが正夢であったのか与市は翌日無罪放免となる。

明治21年から23年にかけて大和与市は日本全国各地の神社仏閣をあるいて巡拝後この地に観慈亭を建立。 境内の下段には四国88ヶ所上段には西国33ヶ所の石仏を多数の方の寄進を得て奉納。

帆柱新四国霊場第54番(本尊:聖観世音菩薩)に指定されている。

門前の道は底井野往還である。

ひとくちメモ

下上津役と聖福寺のある香月は直線距離で約2km。今は住宅地となっているが当時は上の案内板のように人気のない寂しい道であったのであろう。妻の与市を愛する執念には感服する。


写真

    観慈亭前の街道
    観慈亭前の街道