仏旗 立華山明鏡院 独鈷寺薬師堂(とっこじやくしどう) [六所神社] 天台宗  TOKKOJI-YAKUSHI-DOU 六所神社

  • 薬師堂
    薬師堂 
住所・電話
〒811-0102 福岡県糟屋郡新宮町大字立花口1125-1 標高:73m MAP GMAP 092-962-0988 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

観音堂前に掲げられている縁起書を下に記す(段落は作者が挿入・少しアレンジしています)。

薬師如来尊像由来

延暦23年8047月、遣唐使として法を求め、翌年6月帰朝せられ花鶴ケ濱今古賀の濱より傳教の霊地を試みんと大師奇瑞に依って一宇の伽藍を此の地に定め大師自ら堂を創立し薬師如来の尊像を彫刻し尚持参の独鈷を以て掘られし井水を独鈷水と稱す。

天下泰平國家安寧萬民豊楽を祈念なされ給ふ霊験あらたなる中央の佛像こそ由緒深き薬師如来であります。

昭和38年9月吉日場之
天台宗立花山明鏡院 独鈷寺 執事

ひとくちメモ

薬師堂は六所神社境内にある。 扉は施錠され、傅教作といわれる薬師如来を拝む事はできなかった。 薬師堂の脇に古井戸がある。これが独鈷水かどうかは未確認(『筑前國続風土記附録』の挿絵に描かれている位置と真反対にある)。


写真

  • 薬師堂
    薬師堂 
  • 薬師堂の独鈷水か?
    薬師堂の独鈷水か? 
  • 立花山古城図(左より順に梅岳寺・独鈷水・薬師堂・六所宮・独鈷寺が描かれている) - 『筑前國続風土記附録』(中)挿絵
    立花山古城図(左より順に梅岳寺・独鈷水・薬師堂・六所宮・独鈷寺が描かれている) - 『筑前國続風土記附録』(中)挿絵 


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)