仏旗 新原地蔵堂(しんばるじぞうどう) 不詳[未]  SHINBARU JIZO DOU

住所
〒811-2111 福岡県糟屋郡須恵町大字新原219 標高:45.1m MAP GMAP  
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

御堂内には木造阿弥陀如来立像(10世紀後半〜11世紀初頭の製作。カヤ材の一本造)・ 木造薬師如来像(12世紀代の製作。定朝様式(寄木造)) ・ 他の仏像(複数)が安置されている。 この2尊像(須恵町指定文化財)と盗難に遭って戻って来ない弥勒菩薩を併せた3尊像は、 宇佐八幡宮の神宮寺であった宇美山誕生寺に祀られていたもの。明治の廃仏毀釈の際、宇美八幡宮の神官と新原村の有志が相談して同村に移して大切に守ってきた。(境内の案内板より)

YouTubeの映像に登場する区長様の話では宝満山にあった仏像の一部も廃仏毀釈の法難から逃れてここに安置されているようだ。

毎年7月の23日に最も近い日曜日に新原二十三夜祭(地蔵盆)が当地蔵堂と新原区公民館で行われる。

毎年8月15日には新原区盆綱引きが行われる。

メールを送って頂き、誕生寺の仏像の行方を知るきっかけをつくっていただいた糟屋郡在住のH様にこの場を借りて感謝します。きっかけとなった同氏のページはLinks①のページです。

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。