仏旗 御手水龍観音堂(おちょうずりゅうかんのんどう) [瀧見観世音菩薩] 不詳  OTYOUZU-RYUU-KANNNON DOU 粕屋郡三十三観音霊場第13番札所 志免平成の森公園

  • 全景
    全景 
  • 石段脇の不動明王像
    石段脇の不動明王像 
住所
〒811-2208 福岡県糟屋郡志免町吉原 標高:58.9m MAP
検索
同地区同宗派寺院  4km以内
Links
粕屋郡中三十三ヶ所観音霊場札所紹介 - 篠栗八十八ヶ所霊場&観音霊場 | mixiコミュニティ

歴史

『筑前國続風土記拾遺』巻之39 表粕屋郡 上 吉原村の項に下記の記事がみられる。

御手水龍

村の坤西南方向3町斗に在。 水勢強からすといへとも、谷底の盤石に傳ひ、 一條の逬[1]泉屈曲緩急段々に断て又連る。 其間長くして最奇観也。 上流に大なる池有水面10町 夏日其水を引時殊によろし。 側に観音堂有。

石段入口に「郡中第16番札■」と表記された石碑がある。 観音堂に掲示された真新しい表札には「13番」と表示されている。 Linksのページも13番となっている。 昔は16番であったが近年札所の付け替えがあったようである。

ひとくちメモ

観音堂は志免平成の森公園の西側の端にある。 境内の情景は、正に上の『拾遺』の記事のとおりの趣である。Google Mapで見ると、上流には大池もある。 昔の文章は簡潔で良い。

観音像は大きな石祠の中に安置されている。 石祠の扉は半開きで、中は薄暗い。 かろうじて観音様の頭部は確認できる。 長い年月風雪にさらされた為かかなりすり減っている。 上流の瀧、石段の脇には多数の石仏がみられる。

写真の整理をしていて石段脇に「足元危険。なので入らないで」と表記された進入禁止のマークが設置されている事に気づく。 文字はかすれている(写真を拡大してやっとこさ確認)。 作者はこれに全く気付かず境内に入ってしまった(ごめんなさい)。 本当に危険であれば、もう少し目立つ看板にしてほしいものである。 境内を歩いていて「危険」とは感じなかったが。。。交通ルールは守りましょう。

町名「志免町」は「しめまち」と読む。


写真

  • 観音像(頭部)
    観音像(頭部) 
  • 観音堂内に掛けられた木札の束(何も書かれていません。これは何だろう?)
    観音堂内に掛けられた木札の束(何も書かれていません。これは何だろう?) 
  • 観音堂内
    観音堂内 
  • 石段 - 観音堂を背にして撮影
    石段 - 観音堂を背にして撮影 
  • 瀧の最上部
    瀧の最上部 
  • 瀧の最上部脇の不動明王像
    瀧の最上部脇の不動明王像 
  • 観音像が安置されている石祠 - 横から撮影
    観音像が安置されている石祠 - 横から撮影 
  • 観音堂脇の石仏
    観音堂脇の石仏 
  • 石段脇の石仏
    石段脇の石仏 
  • 石碑(「郡中第16番札■」)
    石碑(「郡中第16番札■」) 
  • 石段脇の石仏
    石段脇の石仏 
  • 石段全景(入口に「足元危険。なので入らないで」と進入禁止の表示)
    石段全景(入口に「足元危険。なので入らないで」と進入禁止の表示) 
  • 観音堂脇の清流
    観音堂脇の清流 
  • 水の広場
    水の広場 
  • 水の広場
    水の広場 
  • 公園内の地図(観音堂は右端の赤丸の場所) - 案内板より抜粋
    公園内の地図(観音堂は右端の赤丸の場所) - 案内板より抜粋