仏旗 鉾立山 呑山観音寺(のみやまかんのんじ) [篠栗第16番霊場] 高野山真言宗  NOMIYAMA-KANNONJI TEMPLE 伊藤氏参拝済 篠栗新四国八十八箇所霊場第16番札所

  • 本堂
    本堂 
住所・電話
〒811-2403 福岡県糟屋郡篠栗町萩尾227-4 標高:439.2m MAP GMAP 092-947-4423
イベント情報(今日から2ヶ月間)
日時内容備考
2018-01-01新春開運吉祥護摩供毎日10:30~、13:00~
2018-01-03
周辺の寺院
同地区同宗派検索  4km以内の寺院検索
本尊
千手観世音菩薩
ホームページ
呑山観音寺[公式サイト]

歴史

上のホームページよれば、この地は古くから山岳信仰・民間信仰の聖地として人びとの信仰を集めてきた。 天保6年1836、四国巡拝の帰りに篠栗に立ち寄った尼僧慈忍の呼びかけで、 篠栗八十八ヶ所が発願され、慈忍の後を受けた藤木藤助たちによって開創されたという。

伊藤氏メモ年1回、10月の第3日曜日のみご開帳。本堂への急峻な石段は[戒めの石段]といって心を正しくしないと上れないという。薄暗い本堂に入ると天井一杯にローソクや線香の煙で燻された千羽鶴の束がたくさんかかっている。本堂では、毎朝6時から護摩焚修法。また、高野山開創1200年祭の記念事業の一環として百観音堂が平成25年に落慶。本尊をはじめ百体の観音像が祀られている。(以上、『新 篠栗八十八ヶ所霊場めぐり』より)()

ひとくちメモ

呑山観音寺は、鉾立山と三ツ頭山の谷間の猫峠近くに伽藍を構えている。 境内は作者が今まで見たお寺の中でも最大級の広さである。 参道には土産物店・休憩所があり、休日にはさぞかし参拝者で賑わうことであろう。 また、駐車場も広大である。 本堂内ではお守りその他のお土産が多数売られている。

に思いつきでお参りしたが、 自宅に戻って呑山観音寺のホームページを見ると、全体の敷地の半分しかお参りしていないことに気づき唖然とした。 次回は川をはさんだ反対側の境内もお参りに行こう。


写真

  • 大師堂
    大師堂 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 本堂裏手の杉木立 - 白いものは雪
    本堂裏手の杉木立 - 白いものは雪 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 巨大な地蔵菩薩様
    巨大な地蔵菩薩様 
  • 門前の土産物店・休憩所
    門前の土産物店・休憩所 
  • 遠景 - 写真中央の林の中に本堂がある
    遠景 - 写真中央の林の中に本堂がある 


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)