仏旗 金剛ノ滝観音堂(こんごうのたきかんのんどう) 真言宗  KONGOUNOTAKI-KANNON-DOU 篠栗新四国八十八箇所霊場第8番札所

  • 本堂(中央) - 金剛ノ瀧側より撮影
    本堂(中央) - 金剛ノ瀧側より撮影 
住所・電話
〒811-2405 福岡県糟屋郡篠栗町篠栗2731 標高:256.7m MAP GMAP 092-947-6433 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

当観音堂は大正13年1924、良順[1]師が開創。はじめは38番札所の奥の院であった。 その後、娘法洗尼が父の跡を継ぎ堂宇を再建し、法灯を護持してきた。 平成15年2003、下町観音堂[2]をここに移転して8番札所とした。(境内の案内板「開祖 長良順法師 金剛の瀧略縁起」より)

Linksのページによれば、本尊は四国八十八箇所霊場第8番札所・普明山熊谷寺ふみょうざんくまだにじから観請した千手観世音菩薩という。

ひとくちメモ

コンパクトな境内では多くの石仏がみられ、金剛ノ瀧の流れる音が絶え間なく聞こえてくる。 手入れの良く行き届いた札所である。


写真

  • 本堂内
    本堂内 
  • 本堂の扁額
    本堂の扁額 
  • 良順法師像
    良順法師像 
  • 霊場碑
    霊場碑 
  • 境内風景 - 本堂を背にして撮影
    境内風景 - 本堂を背にして撮影 
  • 十三仏
    十三仏 
  • 三代■大明神(■は「七」が3つの文字と思われる)
    三代■大明神(■は「七」が3つの文字と思われる) 
  • 境内の石仏群
    境内の石仏群 
  • 金剛ノ瀧
    金剛ノ瀧 
  • 金剛ノ瀧入口
    金剛ノ瀧入口 
  • 延命地蔵尊
    延命地蔵尊 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内の皇帝ダリア
    境内の皇帝ダリア 
  • 山門
    山門