heritage 城戸千手観音堂(きどせんじゅかんのんどう) [弥谷寺] 真言宗 ☆☆☆ 篠栗街道 伊藤氏参拝済 篠栗新四国八十八箇所霊場第71番札所

住所・電話
〒811-2405 福岡県糟屋郡篠栗町篠栗951-3   標高:102.5m 地図 GMAP 092-947-0248 
検索
同地区同宗派(60)  ( 4km以内 ) MAP  周辺のスポット(5)  Links(2)

歴史

伊藤氏メモ当71番札所は以前、南蔵院の境内にあった。本堂から釈迦涅槃像に至る途中の七福神トンネル横にある3坪ほどの珍しい扇型造りの小堂(現在も南蔵院境内に残る)がそれで、篠栗霊場で唯一という珍しい造りの千手観音堂であったという。しかしながら、平成18年(2006)に車が駐車しやすい現在地に移転し、お堂も再建した。 (Links② より)()

本尊は四国八十八箇所霊場第71番札所・剣五山弥谷寺(けんござんいやだにじ)から勧請した千手観世音菩薩という。(Links① より)

観音堂脇の国道201号線は篠栗街道である。

ひとくちメモ

13番城戸大日堂の参拝を終え、国道201号線の対面の当観音堂の前に着くと、10数人の遍路姿の一行が御堂の前で般若心経を唱えていた。 前列の方は僧侶、他の方々は在家の信徒衆のようだ。 一行が参拝を終えるまで後で待機。作者はその後参拝した。

遍路姿の一行はマイクロバスをチャーター。かなり急いでの巡拝とみた。 話しかける間もなく一行はバスに乗車。次の札所へ出発。 この先作者は別の札所を参拝したが、その先々でもこの一行に対面したが遂に、会話するチャンスはなかった。

写真

  • 観音堂(遍路姿の一行が般若心経を唱えている)
    観音堂(遍路姿の一行が般若心経を唱えている) 

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。