仏旗 山野石仏群(やまのせきぶつぐん) [五百羅漢] 不詳[未]  YAMANO 500 STONE BUDDAHAs

住所
〒820-0202 福岡県嘉麻市山野1609 標高:24.5m MAP GMAP  
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

参道口の案内板の内容を下に記す。

県指定有形文化財山のの石仏群昭和43年指定

文永8年1271に神宮寺座主妙道(みょうどう)が奉納したと伝えられているこの石仏群は、人々に「五百羅漢」と呼ばれ親しまれています。

390体ほどある石仏群は、様々な姿をしており、また表情も豊かで見る人の心を和ませてくれます。

『筑前國続風土記』などによると、昔、山野は宇佐八幡宮の神領だったので、豊前の五百羅漢もならい置かれたのではないだろうかと記されています。

また、石仏群の背後にある2つの穴は、東穴が伊勢、西穴が高野と記されています。 現在この穴はくずれて原型を留めていません。

この石仏群は「山野の楽(やまののがく)[1](県指定有形文化財)とともに豊前文化の影響がうかがわれます。

嘉麻市教育委員会

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。