仏旗 知福山(ちふくざん) 千手寺(せんじゅじ) [千手禅寺] 曹洞宗  SENJYUJI ZEN TEMPLE 伊藤氏参拝済

  • 本堂
    本堂 
住所・電話
〒820-0332 福岡県嘉麻市千手2285 標高:129m MAP GMAP 0948-57-1505
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

筑前國続風土記』巻之12 ○千手の項をそのまま引用する。

村中に千手寺あり。 これに依て村の名とす。 本尊千手観音也。 此寺山間にありて閑寂(かんせき)なる境地也。 其側に石塔有。 里民は、天智天皇の御陵(みささぎ)なりと云。 天智天皇の御子に嘉麻郡を賜りし事あり。 其人天皇の崩じたまふ後に、是を立給ふと云。 然れども梵字など猶さだかにみゆ。 さのみ久しきものにはあらず。 いかなる人の墓所にや。 いぶかし。 叉千手町とて宿驛あり。長政公入國の後より立し所也。

ひとくちメモ

千手寺は秋月街道千手宿の東側の山裾にひっそりと伽藍を構えている。 門前は農家と思われる古い土蔵作りの家なども見られる。

本堂に向って右側の雑木林の中にも境内は続いていて、多数の石仏・卒塔婆などが安置されている。

続風土記』で”いぶかし”といわれているものと思われる梵字が刻まれた塔が二つあるがそのうちどちらがそれかは未確認である。

伊藤氏メモ450年ほど前の創建以来この地にある。鳥の声やせせらぎの音が聞こえ、モンシロ蝶も飛ぶ閑静な境内。 ややこぶりな本堂の左側にある観音堂は新千手四国47番。現第14世。 なお、寺院山門右手の道は、古処山登山口(遊歩道入口)となっている。()


写真

  • 遠景 - 写真中央が千手寺
    遠景 - 写真中央が千手寺 
  • 鐘楼
    鐘楼 
  • 山門
    山門 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 卒塔婆(台部四方に梵字が刻まれている) - 本堂向って右手の雑木林の中
    卒塔婆(台部四方に梵字が刻まれている) - 本堂向って右手の雑木林の中 
  • 塔(台部に梵字が刻まれている) - 本堂向って右手の雑木林の中
    塔(台部に梵字が刻まれている) - 本堂向って右手の雑木林の中 
  • 石仏群 - 本堂向って右手の雑木林の中
    石仏群 - 本堂向って右手の雑木林の中 
  • 祠 - 本堂向って右手の雑木林の中
    祠 - 本堂向って右手の雑木林の中 
  • 山門前の民家
    山門前の民家