仏旗 知満山 福円寺(ふくえんじ) 浄土宗  FUKUENJI TEMPLE イヌマキ秋月街道大隈宿 伊藤氏参拝済

  • 本堂
    本堂 
  • 福円寺 - 『筑前國続風土記附録』(中)挿絵
    福円寺 - 『筑前國続風土記附録』(中)挿絵 
住所・電話
〒820-0304 福岡県嘉麻市大隈1019 標高:54.8m MAP GMAP 0948-57-0511 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之26 嘉麻郡 下 下益村の項に下記の記事がみられる。

福圓寺

横町に在。知満山と号す。 浄土宗鎮西派鞍手郡極樂寺の末也。 開山を智譽在嚴和尚といふ。 寺内に毛利但馬友信[1]か母の石塔あり。 徳譽妙恩大姉慶長19年16148月23日とあり。 友信母は播州曽我大隅一信か妻にして友信野村太郎兵衛祐勝か母也。 又其侍女の墓石も有。 寺説に此寺昔は鞍手郡永満寺村に在しを、 友信益富城に移りし時其妣[2]檀越として此地に寺を引しといふ。

境内に毛利但馬友信の母の墓標と後藤又兵衛の母のものではないかと言い伝えられる墓標がある。 門前は秋月街道である。

伊藤氏メモ本堂裏手に立つ由緒書表示板の内容は次のとおり。

成正院徳誉妙恩大姉 母里太兵衛友信の母の石塔である。大姉は太兵衛とともに大隈城にあって、戦死した夫、大隅守一信や末子太郎兵衛の菩提を弔い、城内に庵を結んで正法庵と号し、念仏三昧の日々を送っていたが、大往生の後は福円寺に埋葬され新たに開基として祀られた。なお、奥の石塔は前の城主であった後藤又兵衛の母(永忠)のものであろうと云い伝えられている。」()

ひとくちメモ

境内には、薬師堂・地蔵像・本堂がある。 母里太兵衛の母の墓標と伝後藤又兵衛の母の墓標は本堂裏手にある。 山門脇のイヌマキの大木は見事なものである。 根のすぐ上から多数の枝分かれが見られイヌマキにしては女性的な樹形である。

ここには、母里太兵衛ゆかりの3ケ寺が軒を連ねている。 北から順にこの福円寺、麟翁寺光円寺である。 お見逃しなく。

写真

  • 山門
    山門 
  • 参道口
    参道口 
  • 薬師堂
    薬師堂 
  • 地蔵像
    地蔵像 
  • 山門脇のマキの木の大木
    山門脇のマキの木の大木 
  • 毛利但馬友信の母の墓標
    毛利但馬友信の母の墓標 
  • 伝後藤又兵衛の母の墓標
    伝後藤又兵衛の母の墓標 
  • 2つの墓標(前が毛利但馬友信の母の墓標)
    2つの墓標(前が毛利但馬友信の母の墓標) 
  • 門前の秋月街道
    門前の秋月街道 


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)