仏旗 縁義山 松雲寺跡(しょううんじあと) 浄土真宗本願寺派  FORMER SYOUUNJI TEMPLE 伊藤氏参拝済

  • 本堂
    本堂 
住所
〒819-1322 福岡県糸島市志摩御床373 標高:12.8m MAP
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之50 志摩郡 下 御床村の項に下記の記載がある。

松雲寺

本村山越えに在。 真宗西本願寺直参也。 開基の僧を了玄といふ。 寛文6年166611月3日木佛寺号を許さる。

下の伊藤氏メモでの報告のとおり、平成25年に残念ながら廃寺となったとのこと。 歴史あるお寺がこのような形となったことは残念無念である。 掲載している写真は在りし日の松雲寺の写真です。

ひとくちメモ

松雲寺跡は可也山の南西側の山裾の小集落に伽藍を構えていた。 もちろん境内から可也山の山頂を望むことができる。 参道には梅の木が多数植えられており、季節のときは綺麗であった。 南側に少し下ると遊法山 西林寺が伽藍を構えている。

伊藤氏メモ完全に整地された状態にあり、何も残っていません。お寺があったよすがは全く伺えません。 近在の複数の方に確認したところ、次のようなことでした。 4~5年ほど前に住職が亡くなったが、その後を継ぐ者はなく、法要等の際には他寺から見えてもらっていた。 昨年(平成25年)になり、門徒で相談の上、廃寺を決定した。 門徒数が相当少なく、今後も後を継ごうとする者は出てこないだろうとの見通しがあったようである。()

伊藤氏メモ松雲寺の廃寺にいたった経緯が、『お寺さん崩壊 (新潮新書) 』の第1章「寺が潰れた・・・・・」に記載されている。()


写真

  • 山門 - 境内より撮影
    山門 - 境内より撮影 
  • 本堂
    本堂 
  • 参道(両側に梅の木)
    参道(両側に梅の木) 
  • 境内より可也山を望む
    境内より可也山を望む