仏旗 薬師堂(やくしどう) 不詳  YAKUSHI-DOU TEMPLE 宗像四国西部霊場第67番 宗像四国西部霊場第57番

  • 御堂
    御堂 
  • 参道 - 参道口より撮影
    参道 - 参道口より撮影 
住所
〒811-3203 福岡県福津市本木1213 標高:56.9m MAP GMAP  
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

御堂には「宗像四国西部霊場 本尊 薬師如来 本木 第67番」「宗像四国西部霊場 本尊 海中出現阿弥陀如来 本木 第57番」の2つの札が掲示されている。

『筑前國続風土記附録』巻之33 宗像郡 中 本木村の項に下記の記事がみられる。

八幡宮ヲゝウラ 本編に見ゆ

村の西北3町許、山の半腹にあり。産神なり。 祭る所譽田天皇・神功皇后・武内大臣也。 鎮座の年歴傅ふる事なし。 社内に祇園社・薬師堂あり。 境内林中に大石1箇高2尺周5尺あり。 皇后の御腰掛石といふ。 神田8畝2町あり。字をジンデといふ。

御堂に安置されている第67番の薬師如来像はこの記事の薬師堂の主であろう。 第57番(海中出現阿弥陀如来)の札は同じ本木の祥雲禅寺の阿弥陀堂にあったもの(2015-10-11確認済)。 祥雲禅寺にあった札所がここに移動されたようである(記)。

ひとくちメモ

門前の道は県道30号線である。 南側より、御堂の参道口・八幡宮の鳥居・須賀神社の鳥居が等ピッチで並んでいる。 御堂と2社は山腹の同じ高さで並んでいる。 御堂と2社の境内はよく手入れされた杉木立の中である。

御堂内には中央に阿弥陀如来像(と思われる)と向かって右端に薬師如来像、向かって左手には弘法大師・薬師如来(石像)などがみられる。 本尊の阿弥陀如来像・薬師如来像は共に木仏。かなりの古仏とみられる。


写真

  • 御堂 - 隣の八幡宮の社殿脇より撮影
    御堂 - 隣の八幡宮の社殿脇より撮影 
  • 祭壇(中央が阿弥陀如来(と思われる)、右手が薬師如来)
    祭壇(中央が阿弥陀如来(と思われる)、右手が薬師如来) 
  • 参道 - 御堂を背にして撮影
    参道 - 御堂を背にして撮影 
  • 参道途中の石碑(表面の文字等は判読不能)
    参道途中の石碑(表面の文字等は判読不能) 
  • 八幡宮の社殿
    八幡宮の社殿 
  • 参道口の庚申塔
    参道口の庚申塔 
  • 門前の県道30号線(写真手前より、御堂の参道口、八幡宮の鳥居、その先に須賀神社の鳥居がある。)
    門前の県道30号線(写真手前より、御堂の参道口、八幡宮の鳥居、その先に須賀神社の鳥居がある。) 
  • 門前の田園風景
    門前の田園風景