仏旗 今山薬師堂(いまやまやくしどう) 不詳  IMAYAMA YAKUSHI-DOU 熊野神社伊藤氏参拝済

  • 薬師堂
    薬師堂 
  • 堂内(阿弥陀如来・薬師如来像)
    堂内(阿弥陀如来・薬師如来像) 
住所
〒819-0166 福岡県福岡市西区横浜2丁目 標高:44.1m MAP GMAP  
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

薬師堂の歴史等は不詳。 お堂は熊野神社境内にある。 神仏習合時代、熊野神社附属のものであったのではなかろうか?

御堂名「今山薬師堂」は作者が仮称しました。

ひとくちメモ

県道54号線側の熊野神社の参道口より、長い石段を登りきって左手に大師堂を見てさらに少し石段を登った所にひっそりと立っている。 お堂は銅葺き屋根、建物は朱色である。 堂内には2体の石仏が安置されている。 向って右手は薬師如来の立像、左手は阿弥陀如来の坐像である。

ここより坂道を登れば熊野神社の社殿のある平坦面にたどり着く。さらにその裏手には自然石のベンチが設置された広場がある。 ここから眺める博多湾の景色はなかなかのものである。 本ページの下に山内で撮影してきた写真を掲示する。

鳴神岩

上で述べた広場への登り口(熊野神社社殿に向って右手奥)に「鳴神岩」と表記された御影石製の道標がある。 その側面には「夷魔山熊野社後茂林の中に岩あり八大龍王と崇む。 高7尺餘、横5尺餘也。鳴神岩ともいふが 筑前国続風土記附録より。昭和15年頃採石のため山頂より玄武岩をこの地に降ろす」と記載されている(ここで「夷魔山(いまやま)」とは「今山」と同義)。

作者はこの岩を探し求めて社殿裏手の林の中を探しまわったが発見できず。 その後、山頂へのアタック(←大げさ)を試みるも、履いていた靴がジョギング用の靴で坂道で足を滑らせ危険を感じ断念。

写真

  • 薬師堂 - 横から撮影
    薬師堂 - 横から撮影 
  • 遠景
    遠景 
  • 堂前より垣間見える博多湾
    堂前より垣間見える博多湾 
  • 堂前の掲げられた写真
    堂前の掲げられた写真 

山内

今山全域はおそらく原生林に近い状態で自然が保存されている。 作者が確認した木の名を下に記す。 JR筑肥線・今宿駅より徒歩20分足らず(1.5km)の所。 絶好の森林浴の場である。

オガタマノキ・カエデ・クス・イヌマキ・スギ・イチョウ・クロガネモチスダジイホルトノキ・サクラ・アジサイ・ナンキンハゼ

  • 案内板
    案内板 
  • 拝殿
    拝殿 
  • 今津港 - 拝殿裏手の広場より撮影
    今津港 - 拝殿裏手の広場より撮影 
  • 博多湾 - 拝殿裏手の広場より撮影
    博多湾 - 拝殿裏手の広場より撮影 
  • 福岡市西区の街並み - 拝殿裏手の広場より撮影
    福岡市西区の街並み - 拝殿裏手の広場より撮影 
  • 社殿裏手の広場
    社殿裏手の広場 
  • 鳴神岩への道標
    鳴神岩への道標 
  • 熊野神社社殿脇の風景
    熊野神社社殿脇の風景 
  • 熊野神社社殿
    熊野神社社殿 
  • 山頂への道(古い石組みが見える。作者はここで足を滑らす)
    山頂への道(古い石組みが見える。作者はここで足を滑らす) 
  • 山頂
    山頂 
  • 山内の風景
    山内の風景 
  • 山内の風景
    山内の風景 
  • 東側の参道口
    東側の参道口 
  • 案内板
    案内板 
  • 表参道(南側)の鳥居
    表参道(南側)の鳥居 
  • 表参道脇のナンキンハゼ
    表参道脇のナンキンハゼ 
  • 表参道脇のナンキンハゼの実
    表参道脇のナンキンハゼの実