仏旗 林華山(りんかざん) 正法寺(しょうぼうじ) 浄土真宗本願寺派  SYOUBOUJI TEMPLE 伊藤氏参拝済

  • 山門
    山門 
住所・電話
〒810-0074 福岡県福岡市中央区大手門2-3-24 標高:7.4m MAP GMAP 092-751-5828 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

伊藤氏メモ元は播磨(兵庫県)の寺で開基は播州揖東郡の志摩田林華という武士。仏門に入り天正年中1573-1593に一寺を開いたもの。 その後、黒田如水・長政に従って豊前から筑前に入り、慶長5年1600福岡城下の簀子町に正法寺を建立。山号は自らの名をとって林華山とした。

昭和20年19456月の福岡大空襲で本堂・庫裏は全焼し山門だけが残った。しかし前住職仁諦は空襲を予測し本尊、親鸞・蓮如・聖徳太子御影等を箱に入れ中牟田家の墓に収納して守った。本堂は昭和39年1964に再建、庫裏は平成10年1998に再建し現在に至る。(HP「浄土真宗本願寺派 福岡教区福岡組-正法寺」より)()

伊藤氏メモ現第14世。()

参考:『筑前國続風土記附録』

ひとくちメモ

寺の南側は福岡城の大手門があった場所。 この付近には6ケ寺が軒を連ねている。

写真

  • 境内風景
    境内風景 


『筑前國続風土記附録』巻之2 福岡 上の記事

正法寺眞宗西 佛堂5間4間半

林華山と号す。徳栄寺に属す。 寺説に開基の僧を、林華と云う。 播磨揖東郷の者にて、元は俗體なりしに、剃髪し道心者となり、小庵を結ひ居たり。 天正年中1573-1593、孝高公豊前に移り給ひし比、御跡を慕ひ、彼地に居たり一宇を営ミ住けり。 慶長5年1600長政公當地に移玉ひし後、叉御跡を慕ひ来り。 今の地を賜ハりて一寺を造建せり。 2世玄入、寛永年中_SUB1624-1645)、本山より木佛寺號を許與せらる。

関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)