仏旗 松見山自性院 入定寺(にゅうじょうじ) 真言宗九州教団  NYUUJYOUJI TEMPLE 筑前国中三十三観音霊場第8番札所 石城三十三箇所観音霊場第18番 博多寺町コース第20番 地蔵尊像伊藤氏参拝済

  • 山門
    山門 
住所・電話
〒812-0036 福岡県福岡市博多区上呉服町13-14 標高:6.8m MAP GMAP 092-291-1604 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

筑前國続風土記』巻之4によれば、開山は圓心(えんしん)で、佛堂が完成したのは元和7年1621である。 佛堂は黒田家初代藩主黒田長政が建立した。

「入定寺」の名の由来は下記のとおりである。

圓心は、駿州[1]の出身で、17才で出家し、三州[2] 一寺の住持となる。 徳川家康が、その人となりをいたくかわいがった。 その後、別の寺の住持も務めたが、黒田長政[3]の家臣のつてで、 現在の地にあった住持もいない荒れた草庵に住むようになった。 圓心はそこで入定[4]することを長政に再三乞い、やっとの事で許可を得た。 27日間断食をし、その後入定に入り勤行を怠らず、慶長13年16088月28日についに眠るように亡くなった。 入定の間、長政がその草庵に来て圓心の望みを聴くと、「自分の死後、この地に仏堂を建ててほしい」と言い、長政は その望みを聞いて仏堂を建てた。 これが、入定寺の始まりである。圓心が入定した地であることからこの寺は寺号を「入定寺」と定められた。

その後、黒田光之[5]の誕生以来、この寺では毎月武運長久の祈祷が続けられたという。

参考資料はこちら。

ひとくちメモ

入定寺の裏手は御笠川である。

写真

  • 本堂
    本堂 
  • 境内風景
    境内風景 


参考資料

伊藤氏メモ福岡寺院探訪 』に次のような記載がある。

当時は寺地約3000坪を有し隆盛を極めたが、現在は寺地も狭く、当時の面影さえない。隆盛時の全景図絵が本堂の壁に掛けられている。

()

伊藤氏メモ圓心の入定より後、黒田忠之公の命により、 太宰府の崇福寺(現在は博多区千代へ移転)から一体の地蔵尊が移され、 これを本尊とした。 重さ850kgの秘仏で、開帳は100年に一度という。 福岡県西方沖地震(2005年)の際にダメージを受けたが、 400年目に当たっていたので、修復後に開帳された。 当寺は、裏千家茶道教場としても知られる。 福岡の裏千家茶道の草分けでもある。

(「博学博多200」より)()

伊藤氏メモ入定寺開山の圓心僧都は、黒田美作一成公(黒田家の家老であり三奈木藩の初祖)の伯父、唯心院圓心である。 黒田美作一成公とは、黒田如水公の恩人の子で、如水公に引き取られて実子同様に育てられ、後に黒田姓をもらったものである(黒田24騎の一人)。三奈木藩に封ぜられたが、代々福岡城内に住み藩の大老職を務めた。

圓心僧都は駿河国の生まれ。17歳で出家し、駿河で一寺の住持であった。駿府時代の徳川家康公がこの僧都の人柄を愛して帰依し、僧都の寺を自分の祈願所にするばかりか、出陣にも僧都を同行して戦勝を祈願させていたという。

このように圓心僧都は家康公お気に入りの僧侶であったが、黒田長政公が筑前国藩主となるや僧都は家康公にお暇を願い出て、甥の黒田美作一成公を頼って西下、領地の三奈木に一両年滞在した後、博多に出てきた。

その頃、石堂川べりの現在の入定寺がある場所には無住の草庵があり、経緯は分からないが圓心僧都はここに住むようになったという。やがて、僧都は此処を自分の入定の地にしたいと思い、その旨を長政公に再三願い出たものである。

(『筑前の寺めぐり 』より)()

関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)