仏旗 海晏山 興徳寺(こうとくじ) [興徳禅寺] 臨済宗大徳寺派★★  KOUTOKUJI ZEN TEMPLE 南浦紹明紅葉 大楠除夜の鐘を撞ける 唐津街道姪浜宿 坐禅 旦過だるま堂 龍王館 姪浜寺町コース第17番 月堂宗規伊藤氏参拝済

住所・電話
〒819-0002 福岡県福岡市西区姪の浜5丁目23-1  MAP 092-881-0315
関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)
周辺の寺院
同地区同宗派検索  4km以内の寺院検索

歴史

門前の案内板の内容をそのまま記す。(注釈・ふりがなは作者が加筆した)

当寺は臨済宗大徳寺派に属する禅寺である。 文応元年1260時の鎮西探題(ちんぜいたんだい)北条時定の建立にかかり、 開山は南浦紹明(なんぽそうみん)[1]である。 南浦は嘉元元年1235いまの静岡県安部郡に生まれ15歳にして鎌倉の大覚(だいかく)禅師に就いて禅法を学んだ。 後志をたて25歳、万里の波涛を航して中国に渡り、当時禅界の巨匠虚堂(きどう)禅師に就いて九年間、 その蘊奥(うんのう)[2]を尽くして帰朝し、文永7年1270当寺の開山第一世となった。

中国においては南宋の滅亡に際し、まさに断絶せんとした、 一縷(いちる)の法が、この南浦の力によってわが国に伝えられ、今日禅界に燦然と光茫を放っている。 故に南浦を日本の達磨(だるま)と称するものである。 その後四度法筵(ほうえん)[3]を移し、 延慶元年1308遷化[4]した。時に74才であった。

翌年御宇多天皇から円通大應国師の号を賜った。

国指定重要文化財

伊藤氏メモ福岡寺院探訪 』に次のような記載がある。[本尊釈迦如来の像は運慶の作である(『早良郡志』)。]()

参考: 『筑前國続風土記』   『筑前國続風土記拾遺』    南浦紹明(大應国師)

ひとくちメモ

興徳寺は旧唐津街道姪浜宿 の西構口があった場所のすぐ内側に伽藍を構えている。 『筑前名所図会』には名柄川にかかる興徳寺橋も描かれている。

本堂前には楠の古巨木がデーンと立っているのが印象的である。

本堂に向かって左手の池の奥に坂道がある。そこを登って行くとまだまだ境内が続く。 そこに、開山大應国師の墓碑もある。お見逃しが無きようご注意のこと。 尚、一番奥は墓地になっている。

興徳寺には、『うさぎのおんがえし』という物語が伝わっている。地下鉄姪浜駅の南側に巨大なモニュメントがある。

写真

  • 本堂
    本堂 
  • 山門の扁額
    山門の扁額 
  • 鐘楼
    鐘楼 
  • 全景
    全景 
  • 博多塀
    博多塀 
  • 本堂前の大楠
    本堂前の大楠 
  • 本堂前の楠の巨大な古木
    本堂前の楠の巨大な古木 
  • 本堂前の風景
    本堂前の風景 
  • 本堂前での灯明コンサートの風景
    本堂前での灯明コンサートの風景 
  • 灯明コンサートの時の山門
    灯明コンサートの時の山門 
  • 庫裏前の紅葉
    庫裏前の紅葉 
  • 本堂左手の庭園
    本堂左手の庭園 
  • 本堂左手の庭園
    本堂左手の庭園 
  • 開山大應国師の墓碑 - 本堂裏手
    開山大應国師の墓碑 - 本堂裏手 
  • 歴代和尚の墓碑 - 本堂裏手
    歴代和尚の墓碑 - 本堂裏手 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内風景(愛嬌たっぷりのお顔)
    境内風景(愛嬌たっぷりのお顔) 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 境内風景
    境内風景 

南浦紹明(大應国師)

承天寺の開山聖一国師の甥にあたる。興徳寺開山の後2年間同寺に居住後、文久9年1272 現在の地に移転前に太宰府にあった崇福寺にも33年間在住しているとのこと。 --『ふくおか歴史散歩第3巻』より

『筑前國続風土記』巻之20の内容[参考資料]

○興徳寺

姪濱に在。海晏山と號す。 創立の時代詳ならず。 大應國師、南浦明和尚唐土より帰朝の時、此寺に来て三年住居す。 其時此所の尼、大應の絵像を書せ賛を乞う。大應賛を書て與ふ。 其掛軸(かけもの)今に此寺に在。 大應國師は其後御笠郡崇福寺に住持せり。

興徳寺初は市中に近かりしが、天和二年1682、光明寺と云廃寺有しをこぼちて、 其跡に移せり。 光明寺開山一庵は、大應の弟子也。 光明寺に木像有しを、今も興徳寺に安置す。

昔興徳寺に子院八區あり。 白毫寺東光寺檀林寺[5]、 三楽院は猶残りて、姪濱市中所々に在。 其餘四區は皆廃絶して今はなし。 四區の廃寺、圓満寺、清芳軒、圓通寺、東照寺。

[5]檀林寺:「照林寺」の誤植と思われる。

山楽院・清芳軒はここより南400mほどにある清楽寺の元となったお寺のようである。

筑前國続風土記拾遺』巻之43 早良郡 上 姪浜村并浦の項

(前略)子院8區は、清芳軒下野間町に在。聖観音を安置す。霊験ありとうふ。 寺内の地蔵堂毘沙門堂本寺開山堂有。 三樂院同町圓通寺西町に在。妙智山又ハ臨江山と云 白毫寺北小路町に在。佛頂山と号す。地蔵石佛有。天正の比の住僧の墓と云。傍に古木の梅あり。 圓福寺東網屋町に在。佛徳山といふ。 東光寺魚町に在。醫王山と云。地蔵堂あり。 東照寺當方町に在。龍護山と云。地内に観音堂あり。 檀林寺弥丸町に在。宝珠山と号す。 本編に子院8區の内、4區ハ廃絶してなしと有。元禄年中これを再興して今ハ8區共に有。

うさぎのおんがえし

  • 福岡市営地下鉄姪浜驛南口の巨大なウサギのモニュメント
    福岡市営地下鉄姪浜驛南口の巨大なウサギのモニュメント 

に開催された唐津街道姪浜まちづくり協議会主催の「唐津街道姪浜灯明コンサート」で配られたパンフレットの内容を引用する。

(前略)

大応国師は、25才の時、中国に渡り9年間禅を学びますが、その奥義を窮めて帰国して興徳寺 住職の第1世となりますが、大応国師が中国より帰国の途中、狼に襲われたうさぎを助けます。 うさぎは大応国師のそばを離れず、帰国の船に乗りました。 船が玄界灘にさしかかった時、激しい台風に巻き込まれ遭難しそうになりました。 その時、うさぎは海に飛び込みました。 すると突然、水中に一本の道ができ、一行は無事に姪浜の港に到着することができました。 うさぎは八大龍王の化身でした。