仏旗 千代山 浄福寺(じょうふくじ) 浄土真宗本願寺派  JYOUFUKUJI TEMPLE 伊藤氏参拝済

  • 山門
    山門 
  • 浄福寺跡の石碑
    浄福寺跡の石碑 
住所・電話
〒811-1355 福岡県福岡市南区桧原6丁目10-16 標高:36.3m MAP GMAP 092-565-6800
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

福岡寺院探訪』によれば、 元々は現在の福岡県福岡市博多区堅粕(かたかす)にあり、昔は天台宗であった。 所在地の堅粕地区が改良事業の為現在地に移転。 旧所在地(御笠川の東岸)の公営住宅の敷地内にその跡碑が遺されている。

参考資料:『筑前国続風土記拾遺』

ひとくちメモ

浄福寺は南区の油山の麓に伽藍を構えている。

境内の案内板によると、 寛永16年1637の銘のあった鐘は残念ながら第二次世界大戦の際に 武器の材料として供出され現存せず再鋳造されたものである。 2009年に解体修理された鐘楼は古い部材を再利用したものでかなりの歴史を感じさせる。

伊藤氏メモお参り訪問者のことをよく考えてくれているお寺だと感心しました。 ここまで揃ったお寺にはこれまで出会っていません。私も、お勧めの星印を付けたく思いました。

  • 本通りと、お寺近くの通りには、大きな誘導表示板。迷うことなく到着できました。
  • お寺の由緒と鐘楼の由緒は、きれいな見やすい案内板での説明でした。
  • 国の登録文化財指定の鐘楼の脇には、石碑形式の文科大臣の登録書ありという丁寧さ。
  • 参道、階段の石畳は路面電車の軌道敷石を使用との石碑形式の説明書きありという親切さ。
  • 本堂左脇の玄関先にはベンチあり。玄関を入るとスリッパが並べられ、ご本尊参拝者ウエルカムのスタンス十分。駐車場も整備され、十分な規模。
  • ライトアップのような照明設備も見受けられました。
  • 本HPにもありますように、以前所在の堅粕には、寺跡を示すこぎれいな石碑もありました(昨年、偶然見つけました)。

()

写真

  • 本堂
    本堂 
  • 鐘楼(2009年に改築された)
    鐘楼(2009年に改築された) 
  • 鐘楼(彫り物はみごとである)
    鐘楼(彫り物はみごとである) 
  • 梵鐘
    梵鐘 
  • 境内風景 - 本堂を背にして撮影
    境内風景 - 本堂を背にして撮影 


筑前国続風土記拾遺』巻之10 那珂郡 元 辻村

真宗西なり。豊前中津城下明蓮寺明蓮寺は同國高瀬浄福寺の末にして浄福寺ハ又末なり の末なり。むかしは天台宗なりしか寛永年中1624-1645に當宗になりしといふ。

豊前中津城下明蓮寺(大分県中津市桜町1060)、豊前高瀬浄福寺(大分県中津市高瀬967‎)はいずれも現存しているようである、