bukki 龍頭光山(りゅうとうこうざん) 筑前国分寺(ちくぜんこくぶんじ) [國分密寺] 高野山真言宗★★  KOKUBUNJI TEMPLE 九州四十九院薬師霊場第1番札所 筑紫四国八十八カ所霊場第96番札所 伊藤氏参拝済 国分尼寺跡

住所・電話
〒818-0132 福岡県太宰府市国分4-13-1 標高:48.5m MAP GMAP 092-924-3838 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内
本尊
薬師如来

歴史

天平13年741聖武天皇724-749による国分寺建立の詔によって国ごとに、僧寺として金光明四天王護国之寺(国分寺)法華滅罪之寺(ほっけめつざいのてら)(国分尼寺)が建てられた。高野山真言宗 筑前国分寺はその 旧国分寺の金堂の跡地に伽藍を構えている。(Links① より)

ひとくちメモ

筑前国分寺は現在は高野山真言宗であるが、天平期には、三論(さんろん)法相(ほっそう)(りつ)華厳(けごん)倶舎(ぐしゃ)成実(じょうじつ)のいわいる南都六宗の兼学であった。 当時の僧侶は、鎮護国家の為だけに勤め、一般民衆にとっては無関係であった。

現筑前国分寺の門前には八角灯篭がある。奈良東大寺大仏殿の前にある銅製八角灯籠をモデルに製作され、火袋(ひぶくろ)には、 音声菩薩(おんじょうぼさつ)がさまざまな楽器を手に演奏している姿が刻まれている。

筑前国分寺より西方300mの所には国分尼寺跡がある。 門前には国分天満宮が鎮座している。


写真

  • 本堂
    本堂 
  • 全景 - 国分天満宮境内より撮影
    全景 - 国分天満宮境内より撮影 
  • 遠景 - 国分天満宮境内より撮影
    遠景 - 国分天満宮境内より撮影 
  • 参道の八角灯篭
    参道の八角灯篭 
  • 如意輪観音堂
    如意輪観音堂 
  • 如意輪観音 - 如意輪観音堂内
    如意輪観音 - 如意輪観音堂内 
  • 薬師の水
    薬師の水 
  • 薬師の水(裏) - 柱の穴の中には仏像が安置されている
    薬師の水(裏) - 柱の穴の中には仏像が安置されている 
  • 本堂前の庭園
    本堂前の庭園 
  • 参道 - 山門を背にして撮影
    参道 - 山門を背にして撮影 
  • 境内風景
    境内風景 
  • 筑前国分寺前の道標
    筑前国分寺前の道標 
  • 門前の風景
    門前の風景 

国分寺跡(旧国分寺)

七重塔の10分の1の模型 - 太宰府市文化ふれあい館に展示されている
七重塔の10分の1の模型 - 太宰府市文化ふれあい館に展示されている 
全景 - 手前が七重塔跡、その向こうが現国分寺、その後に講堂跡がある
全景 - 手前が七重塔跡、その向こうが現国分寺、その後に講堂跡がある 
旧国分寺の伽藍配置図
旧国分寺の伽藍配置図 
山門脇の石碑
山門脇の石碑 
七重塔跡
七重塔跡 
講堂跡
講堂跡 

国分寺跡は、当時のおもかげをしのべるものは七重塔の礎石・講堂の礎石のみである。 七重塔のレプリカが太宰府市文化ふれあい館に展示されている。 レプリカの案内板によれば、塔が完成した当初は柱が朱色、壁は白色、窓(蓮子窓)は緑色にぬられ、相輪(そうりん)風鐸(ふうたく)は金色に輝いていたと言う。

七重塔跡地にある案内板の内容を下記に記載する。

筑前国分寺は、奈良時代の中頃、諸国に置かれた官寺(かんじ)で僧寺と尼寺があった。 当時は天然痘の流行や内乱などの社会不安が続いたため、平安を願うべく、 聖武天皇は諸国に国分二寺の建立を命じた。

(中略)

筑前国分寺は、大宰府政庁西北の見晴らしの良いこの丘陵上に建てられた。 しかし、その創建についての記録は残っていない。 ただ、西海道の国分寺が天平勝宝8年756には建てられていた記録があるので、 筑前国の筑前国分寺もこの頃までには完成していたと考えられる。

創建当時の筑前国分寺は、約192m四方の寺域に金堂(こんどう)・七重塔・講堂などの建物が整然と配置されていたが、 律令体制の衰退とともに国分寺の役割も失われていき、建物も荒廃していった。

発掘調査の結果、当時の講堂や塔・回廊の一部が確認され、その構造と規模が判明した。 調査後は整備が施され、塔基壇(きだん)の基礎部分が平面的に表示されている。

(財)古都太宰府保存協会・(財)九州国立博物館設置促進財団助成事業 1997年11月設置

国分尼寺跡

国分尼寺跡
国分尼寺跡 

国分尼寺跡は、国分寺の北側約300mのところにある。 当時の様子を想像する遺構など何もない。 案内板によれば、礎石が一個残っていたそうであるが、国分共同利用施設に移設されているとのことである。


国分天満宮

全景
全景 
境内の山上憶良の歌碑
境内の山上憶良の歌碑 
社殿脇の伐採されたクスノキの根元
社殿脇の伐採されたクスノキの根元 
社殿脇の伐採されたクスノキの根元から生えてきている脇芽
社殿脇の伐採されたクスノキの根元から生えてきている脇芽 

祭神は菅原道真。お宮の成立年代や由緒については詳しく分かっていないが、本殿に「弘化1844~1847甲□□□三月吉日」とあることから、これ以前から鎮座していたことがわかる。また、明治5年1872に村社に定められた。(Links② より)

境内には山上憶良の万葉集の歌碑「大野山 霧立ち渡る わが嘆く 息嘯(おきそ)の風に 霧立ち渡る」が立っている。 大意は「大野山に霧が立ち渡っている。我が亡き妻を思って吐く、深いため息で、一面に霧が立ちわたっている。」(境内の案内板より)

社殿の脇には大楠の巨大な切り株があり、その脇から脇芽が出ていた。すごい生命力。


九州四十九院 薬師巡礼』の記事より

伊藤氏メモ国分寺は、正しくは金光明四天王護国之寺と称して、20名の僧侶を置き、水田10町と僧寺に封戸50戸を施入するという膨大なものであった。その後、さらに加増して、天平神護2年766には、金堂や塔の朽損した国分寺に対して、国司に営繕を命じているが、平安末期に武士団が台頭して地方政治が乱れてくると、各地の国分寺は府庁の庇護を失って次第に衰退した。

往時は七堂伽藍に数多くの子院を構えていたが、中世以降、再三の兵火により焼失。礎石を残す国分寺跡に、当初の面影を偲ぶことができるのみである。現在、往時の講堂跡に堂宇を構える。

当寺は土塀に五線の文様を刻む。これは寺格の最高位を表す。宝形造りの堂宇に薬師如来坐像を安置、礼拝仏として常に公開しており、脇壇には12神将を合祀する。この隣に観音堂がある。須弥壇には如意輪観音を安置している。()


関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)