bukki 常在山 如法寺(ねほうじ) [如法禅寺] 黄檗宗 豊前国三十三観音霊場第13番札所

住所・電話
〒828-0071 福岡県豊前市山内991   標高:167.6m MAP GMAP ‎0979-88-2226 
検索
同地区同宗派(2)  4km以内  関連寺院(2)  周辺のスポット(2)  Links(1)

歴史

Linksのページによれば、 如法寺は元は護国寺写経場[1]と求菩提山の鬼門封じの役割を果たしていた。 鎌倉時代、宇都宮氏が豊前国の地頭職となると、如法寺も宇都宮氏の支配下に置かれ、戦国時代には、寺は砦のごとき様相を呈したと言われる。 その後、宇都宮氏の滅亡と共に、如法寺も兵火にあって焼失。 延宝(1673-1681)から元禄期(1688-1704)にかけて、小倉北区の広寿山 福聚禅寺法雲禅師により復興。 黄檗宗の寺院となる。

境内には金剛力士像(伝平安時代末期の作,山門)、如意輪観音像(室町時代期の作、本堂内)、 不動堂石龕(せきがん)鏡池白山神社などがあるという。

豊前国三十三観音霊場第13番札所(本尊:如意輪観世音菩薩)となっている。

ひとくちメモ

未稿。

脚注

関連寺院(※過去に関連していた寺院も含みます。必ずしも現在関連している寺院とは限りません。)

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設は当ページの上部の検索の項の「4km以内」のボタンをご利用下さい。