仏旗 凉門山 妙専寺(みょうせんじ) 浄土真宗本願寺派  MYOUSENJI TEMPLE

  • 全景
    全景 
住所・電話
〒838-0204 福岡県朝倉郡筑前町長者町211-6 標高:40.6m MAP GMAP 0946-42-3108 
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

本堂前の案内板の内容を下に記す。

妙専寺所在地 朝倉郡筑前町長者町字下浦(しもうら)

浄土真宗本願寺派で、 開基は近江源氏(おうみげんじ)佐々木源三秀澄(げんぞうひですみ)の末裔にして良慶(りょうけい)とする。 万治3年1660本山より御影が下付される。 第3世円智の時、 火災のために古記録一切を消失した。 当時は、坂根(さかね)に堂宇を建てたことがある。

佐々木源三秀澄は黒田の祖で、秋月の黒田公は下馬して門前を通られたという。

平成26年3月 筑前町教育委員会

上の「黒田の祖」とされる佐々木源三秀澄と黒田家との関係は未調査。
参考資料:『筑前國続風土記拾遺』

ひとくちメモ

周辺は小集落となっている。さらにその周辺は広大な田園地帯となっている。 境内には、田の寄進碑、鐘楼などが見られる。 門前には水路がある。

門前の道は北西から南東方向に少なくとも5-6km走るまっすぐな昔ながらの狭い道である。 その両端もさらにその道は伸びている。 福岡城下から二日市-宰府-山家を過ぎ、甘木から日田に向かう日田街道福岡城路のルートに乗っているかもしれない。(未確認)

写真

  • 本堂
    本堂 
  • 鐘楼
    鐘楼 
  • 寄進碑
    寄進碑 
  • 門前の風景(右手が妙専寺)
    門前の風景(右手が妙専寺) 
  • 門前の水路
    門前の水路 
  • 喚鐘
    喚鐘 
  • 梵鐘
    梵鐘 


『筑前國続風土記拾遺』巻之19 夜須郡 上 長者町村の項

妙専寺

町に在。真宗西本願寺に属す。初代の僧を了慶といふ。