仏旗 長安寺跡(ちょうあんじあと) 不詳  FORMER TYOUANJI TEMPLE

  • 長安寺廃寺跡の石碑 - ツツジの植え込みに埋もれている
    長安寺廃寺跡の石碑 - ツツジの植え込みに埋もれている 
住所
〒838-1304 福岡県朝倉市須川1271 標高:43.2m MAP GMAP  
検索
同地区同宗派寺院  4km以内

歴史

長安寺跡の石碑は駐車場の脇の植え込みのツツジに埋もれて立っている。 その脇の案内板の内容をそのまま記載する。

県指定史跡長安寺廃寺跡

所在地 朝倉町大字須川字鐘突1271~1308
 指定日 昭和38年1月9日

奈良~平安時代の古代寺院跡で、古くは朝鞍寺、朝闇寺と呼ばれていた。 1933年の発掘調査から多量の須恵器、土師、瓦などが発見された。 また「大寺」「知識」「寺家」などの墨書土器が発見され、 更にその後の調査から、建物の礎石が発見されたことにより、古代寺院の存在が確認されている。 出土瓦は、老司式と鴻臚館式のものであり、8世紀前半のものと推測されている。

また筑前國続風土記の恵蘇八幡宮の条に「社僧の寺を朝倉山長安寺という・・・」と記されていることから、長安寺は恵蘇八幡宮と深い関係があったことが推測される。 またこのことは、続日本書紀に天智天皇が、斉明天皇の冥福を祈って観世音寺と筑紫尼寺を創建した、 とあることから、 長安寺とは朝倉橘広庭の跡に営まれた筑紫尼寺のことではないかといわれている。

ひとくちメモ

言い訳であるが、駆け足で取材したため上の案内板の内容を作者をまだ理解していない。 今後の課題である。『筑前國続風土記』の恵蘇八幡宮の条も未確認である。

石碑からすぐそばに朝闇神社が鎮座している。その名前からして長安寺と何らかの関係があるのかもしれないので写真を掲載しておく。 朝闇神社の境内の石燈篭には宝暦7年1757の銘がある。

朝闇神社については、この地域の地名について面白い考察をしている方がおられる。 お暇な方は是非ご覧ください。なかなか興味深いものがあります。

朝倉市・朝闇神社で言葉遊び


写真

  • 朝闇神社の鳥居
    朝闇神社の鳥居