第6章(附) 高麗人参(朝鮮人参)の補足説明 

・高麗人参の栽培

高麗人参(朝鮮人参)
高麗人参(朝鮮人参)

ウコギ科の高麗人参は、気候条件などが似ている所で世界各地に広い分布を持ち、韓国、日本、アメリカ、カナダ、中国、ロシアなどでも僅かながら栽培されています。一般に非燥、非陰、非陽といって、暑からず寒からず、水はけが良いことが高麗人参の栽培条件となります。各地で栽培される高麗人参は、成分上にはそれほど目立った差はないと言われています。人工的な栽培も非常に難しく、整地して種子をまいてから、6年間を経過した後でなければ収穫できないこと、その間、直射日光や風雨にさらされないようにするなどの制約がある上に、一度耕作して収穫したあとで最低20年は放置する必要があると言われます。高麗人参が土力を吸い尽くしてしまうために、連作が不可能であると言われます。連作障害は根腐病の発生がその主な原因であるとされています。

・日本に渡った高麗人参

日本と朝鮮は地理的に近いこともあり、2000年前から交流があり、神秘の霊薬、高麗人参が日本に渡ったのもその頃と考えられます。記録に残るものでは天平11年)739年)に渤海の文王が酷暑とともに高麗人参30斤を聖武天皇に贈ったのが最初になります。

その後も、朝鮮半島からは、ほぼ継続して日本に高麗人参が贈られてきます。足利時代、室町幕府にやってくる朝鮮の使節団は高麗人参を「国交贈品」として持ってきて、日本は「国交回礼品」として銀などで報いました。長い歴史を通じて高麗人参は礼物、交易品として朝鮮半島から日本に入ってきますが、日本における高麗人参の栽培は徳川時代、八代将軍吉宗の時代にようやく始まります。享保14年(1729年)に初めて高麗人参の栽培に成功しました。

・高麗人参の成分

昔から高麗人参は漢方薬に配合されてきました。その効果についての科学的な解明は長い間行われてきませんでした。高麗人参の成分についての最初の研究は、1854年にガリックという学者が有効物質を抽出し、パナキロンと命名したことが最初です。このパナキロンは、現在ではサポニンと総称されているものに含まれていますが、このサポニンこそ高麗人参に有効成分の代表的物質です。

サポニンとは、一般に水に溶かすとなかなか消えない、泡が立つ性質をもつ成分につけられたものです。サポニンは動植物界に広く存在する物質で、その起泡性を利用して洗剤に用いられてきました。(シャボン玉の語源がサポニンと言われています)しかし、最近になって研究が盛んになっています。重要なこととして、正しい食習慣、適度の運動、十分な休息、規則正しい生活リズム、整った生活環境などが必要ことは言うまでもありません。

・高麗人参の歴史

高麗人参は『五臓(心・肺・腎・肝・脾)の働きを正常化し、精神状態を安定させ、目や心臓の働きを高めて、脳の働きを活性化し、長年飲めば、身体を軽快にして、長生きできる』と言われています。

高麗人参の原産地(中国東北部や朝鮮半島など)では、紀元前一世紀の薬書物に記載があるほどかなり古くから 『不老長寿の霊薬』 として知られていた高麗人参ですが、野生の成熟したものは希少で、利用する事ができたのはごく一部の上流階級の人々だけだったそうです。

日本で普及されはじめたのは、江戸時代に入ってからです幕府の管轄下におかれた高麗人参は価格も下がりにくく、庶民が病人に高麗人参を与えるために女房や娘を遊廓に売り飛ばしてもまだ足りない、といった悲しい話が数多く伝えられるほどです。

・とびぬけたサニポンの働き(バランスのよい豊富な成分)

現代病を撃退するすぐれた薬効があります。高麗人参は大地に含まれているあらゆる栄養分を大量に吸収して成長します。高麗人参を一度栽培すると、その土地は約20年も農地として利用できないほど痩せてしまうといわれるほどです。

高麗人参の原産地(中国東北部や朝鮮半島など)では、紀元前一世紀の薬書物に記載があるほどかなり古くから 『不老長寿の霊薬』 として知られていた高麗人参ですが、野生の成熟したものは希少で、利用する事ができたのはごく一部の上流階級の人々だけだったそうです。

アメリカのメイヤー博士の含有成分分析によると、高麗人参には、 パナキロン・サポニン・パナセン・精油(食物から採る芳香油)・ 糖・ミネラル・ビタミンB1・B12群・アミラーゼ及びフェノラーゼ類の酵素などの他に人体を構成していくのに必要な成分が含まれていることが明らかになりました。

また、制癌剤として注目されているゲルマニウムも多量に含まれていることが、判明しています。更に、サニポンにはホルモンの分泌を促す働きがありますから、ストレスの緩和や、自律神経失調症などの神経症の改善、スタミナ増強、老化予防、男性の不妊症などにも高い効果を発揮するという報告もあり、優れた薬効が実証されつつあります。

この現代の最先端技術ーコンピューターや科学ーでは及ばない、「高麗人参」のすばらしい特徴の数々は、まさに、長い間、『霊薬』と呼ばれた 歴史のあかしとも言えるでしょう。

・高麗人参に含まれる有効成分の働き

高麗人参は、不老不死の霊薬として古来より珍重されてきました。その効能は、滋養強壮、疲労回復、病中病後の体力回復、スタミナ補給、生活習慣病の予防や改善、糖尿病の改善、抗ストレス作用、性機能の回復、抗癌作用など多岐にわたり、まさに万能薬と言っても過言ではありません。,

このような多彩な効能を持つ高麗人参には、多様な有効成分物質が含まれており、それぞれの物質が持つ薬効の他に、複数の物質の相乗効果による効能もあると考えられています。まず、この万能薬に含まれる有用な物質には、有機物と無機物があります。

有機物の方の内訳は、サポニン、含窒素化合物、脂質性成分、ビタミン類、炭水化物の5群に分けられます。この中でも代表的なものがサポニンです。サポニンは天然の界面活性剤とも呼ばれる物質で、多くの植物に含まれるものですが、植物によって含まれるサポニンの構造が異なります。高麗人参に含まれるものは、ジンセノイドと呼ばれる特殊なサポニンで、非常に薬効が高く、代謝機能の活性化、疲労回復、滋養強壮、糖尿病改善、血圧の正常化、自律神経の乱れの正常化などの多彩な効能を持っています。

含窒素化合物として分類される物質の中には豊富なアミノ酸も含まれますが、このアミノ酸の組成を調べたところ、アルギニンという物質の比率が非常に高いことがわかっています。アルギニンには肝臓の機能を活発にさせる働きがあります。男性の精力増強にも効果があると言われています。このように有機性の物質だけでも多種多様な効能があることがわかります。

無機性の有効成分として鉄分やマグネシウム、ナトリウム、リン、カリウム、マンガンなどが豊富に含まれています。特にマグネシウムは、他の植物の平均含有量の10倍もの量を含有しており、ミネラル補給のためにも有用です。マグネシウムは体内の酵素の働きを活発化し、代謝を良くする働きがあります。

古来から様々な病気に対して活用されてきた高麗人参ですが、効能を詳しく知れるにつれ、現代人の生活にこそ必要なものであることがよくわかります。

・オタネニンジン(御種人蔘)

ウコギ科の多年草。原産地は中国の遼東から朝鮮半島にかけての地域といわれ、中国東北部やロシア沿海州にかけて自生する。薬用または食用に用いられ、朝鮮人蔘、高麗人蔘また単に人蔘とも呼ばれる。一方、野菜のニンジンはセリ科であり、本種の近類種ではなく全く別の種である。

本種は元来「人蔘」と呼ばれ中国、朝鮮半島および日本では古くからよく知られた薬草だった。枝分かれした根の形が人の姿を思わせることが、その名称の由来といわれている。御種人蔘の名は、八代将軍徳川吉宗が対馬藩に命じて朝鮮半島で種と苗を入手させ、試植と栽培し結実の後で各地の大名に「御種」を分け与えて栽培を奨励したことに由来する。これ以前の人蔘は朝鮮半島からの輸入に依存していた。中国東北部では「棒槌」「木槌」「洗濯棒」とも呼ばれる。,