第15節 究極のダイエット奥義〔カロリーなんてどうでもいい〕 

前ページ 次ページ

今までは主に栄養学的な見地からダイエットを特集してみました。もはや耳にタコが出来てしまったでしょう。カロリーだの油だ揚げ物だ砂糖だとうんざりしてしまいます。ここでは、丸秘の奥義を述べます。 

※カロリーなんて気にせずに好きなだけ好きなモノを食べてダイエット!

◆肥満の根本原因は糖質だった

話を始める前にダイエットと減量とは違うことを知って下さい。

・ダイエット:
肥満を解消して食事制限などで体重を減らすことを目的
・減量:
筋肉力を維持し、飲食を減らし、トレーニング強化で体脂肪のみを減らす

ご存知の様にボクサーが苦戦する減量とダイエットは根本的に違うのです。ボクサーは筋力を残すためにトレーニングしながら水分と脂肪分を絞り込むのです。

さて、食べ物が体内に入ったらどうなるか?良く知られているのは食物の3種類です。

蛋白質4カロリー
炭水化物4カロリー
脂肪9カロリー

と、これだけでは無かったのです。怖いのは糖質だったのです!結論を言えば、朝や昼の糖質なら呼吸や運動や日常活動で消費され、やがて脂肪分も消費してくれます。しかし、人間は夜に眠ってしまいま。寝ていれば消費されません。すると怖ろしい図式が発見されます。

睡眠中糖質===>未消化===>脂肪分へ変化===>中性脂肪化

結論から先に言いましょう。『夜の食事から糖質を抜くと一気にダイエット可能』

糖質とは:お菓子やケーキなどの砂糖製品、お米、パン、麺類、ナン、餃子、饅頭など小麦や米の粉から作られた食品です。醤油やソースやドレッシングなどの調味料にも糖質は含まれています。

「炭水化物」と「糖分」と「糖質」と「糖類」って言葉の意味を再度調べてみて下さいね!糖分って言うのは糖質の量のことです。ここでは糖質を夕食から外そう!と書いています。糖質抜き夕食を経験してみれば分かります。普通のダイエットみたいに空腹を我慢する必要はありません。お腹一杯にフライでも魚でもステーキでも食べて下さい。サラダもどうぞ。糖質を外 すだけなのです。

健康管理=夕食から糖質を抜く!これこそが究極の健康法で生活習慣病や肥満などから逃れる方法だったのです。今は『糖質ゼロ』を謳ったビールも出ています。焼酎やブランデーの様に蒸留酒なら糖質は問題ありません。日本酒やワインは糖質アルコールですから避けるべき。

もしも貴方がもっともっとダイエットしたいなら、朝飯や昼飯まで糖質抜きが出来ますか?それは、本当にスーパー糖質抜きの食事です。先ずは夕食だけ抜いて体験してみて下さい。

前ページ 次ページ