第13節 ダイエットの基本的な知識〔ダイエットの根本的行動〕 

前ページ 次ページ
◆食習慣の改善で脱冷え!脂肪燃焼体質に
それなりに努力しているはずなのに体重がちっとも減らない、という人は体が冷えていることが原因の一つです。冷えない体づくりでスムーズにダイエットを成功させましょう。入浴を定期的に行い、その後で排便もスムーズになるでしょう。実は、体が冷えなければ痩せられるのです。
◆夏でも冷えてる女性は多いもの!夏冷え対策を今からぜひ!
男性に比べて筋肉量が少なく体脂肪が多い女性は体が冷えやすく、また、スカートやノースリーブなど肌を露出するファッションがさらに体の冷えを招きます。体は温かい方が脂肪燃焼が活発になります。体が冷えやすい女性は特に意識して体を温めるよう意識しましょう。今回は、脂肪燃焼体質にチェンジするための体温め食事改善として、冷えた飲み物よりも、温かい飲み物を!特に、夏場には頑張って温かいお茶など!
◆糖質制限をしない
減量効果が高く短期で成功する、と人気の糖質制限ダイエットですが、長期に渡って糖質制限をすると体が冷えやすくなります。実際に、糖質制限食を続けたことで体が驚くほど冷たくなった、という声も多く聞かれます。糖質は、熱を作るための大切な材料です。ご飯であれば1食100~150gを目安に毎食適量を食べるようにしましょう。
なお、遅い時間の外食後や過食した後にリセットをかけるために1~3日間程度と短期間の糖質制限を行うのは体重維持に有効です。生活スタイルに合わせて糖質制限を取り入れると良いでしょう。
◆蛋白質を摂取する
蛋白質は体のあらゆる細胞を構成する原料になります。筋肉ももちろん蛋白質の摂取によって作られています。筋肉量が多ければ多いほど熱を生み出す力が大きくなり体が日常的に温まるようになるので肉、魚、卵、大豆製品などに含まれる蛋白質は積極的に摂取したいですね。
ダイエット中は肉料理を避けがちですが、脂身の少ない部位であれば低脂質高蛋白質の良質な栄養源になります。牛肉より豚肉、豚肉より鶏肉、鶏肉なら脂肪の少ないササミや胸肉を選んだり、脂肪の多い肉は日中に食べて夜は脂肪が少ない肉を食べるなどの工夫をすると良いでしょう。
◆鉄分を摂取する
特に、女性は鉄分不足になりがちです。冷やさない体づくりのためにも鉄分は意識的に摂取しましょう。鉄は赤血球の成分であるヘモグロビンの材料になります。鉄が不足するということは、血液が不足するということで、血液が不足すれば、熱を体中に運ぶことができなくなります。特に女性では毎月の生理で鉄分が不足しやすいので、女性は摂取不足にならないように 気をつけましょう。鉄は、レバー、あさり、納豆、ひじき、卵黄などに多く含まれています。
◆乳酸菌を摂取する
ヨーグルト、チーズ、味噌、キムチ、漬物などに含まれる乳酸菌は腸内の善玉菌を増やす働きがあります。悪玉菌が増えると腸内の消化力や吸収力が低下するため体の代謝能力が低下してしまい体の冷えを招くようになります。活発に働く内臓は体の熱を作ってくれる大切な役割があります。
前ページ 次ページ