第1節 肝機能強化〔肉よりも魚貝類〕 

前ページ 次ページ

◆タウリンで肝臓の濾過機能向上

・毒素がたまると損だらけ
 排出機能が衰えると、有害ミネラルが体内に溜まりがちになります。結果として:
  • ダイエットしても痩せにくくなる。
  • 疲れやすくなる。
  • 酵素の働きが低下し、肌荒れの原因になる。
・毒素が体に溜まってしまう3つの原因
  • 血液やリンパの流れが悪く「毒を運ぶ力」が低下
  • 腎臓や肝臓の「毒を濾過する力」が低下
  • 尿や便、汗で「毒を体外に排出する力」が低下

腎臓や肝臓の有害ミネラルである毒素を濾過する機能を向上させるには、タウリンを摂取する事が必要です。

◆ガングリオの対策にもタウリン

中年過ぎの女性に良く見られるガングリオ(手指の関節が固まったり、脂が膨れたり)症状にも、タウリンが効果的なのです。一説には軟骨摂取が足りないとも言われ、焼き鳥などの軟骨を摂取したら良いとも言われます。

タウリンは人間にとって、形成外科的な作用を持ちます。即ち、本来あるべき姿に戻そうとする機能(ホメオスタシス機能)を持っているのです。

◆タウリンを含む食べ物(100g中の含有量mg)

<魚類>
名前含有量
真タコ900~1670
ヤリイカ700
真アジ230
ブリ180~670
秋刀魚180
160~830
170
虹鱒70
<貝類>
名前含有量
サザエ1500
帆立貝670~1000
牡蠣70~1180
ミル貝730
ハマグリ550
アサリ210~420
シジミ32
<その他>
名前含有量
スルメイカ360
大正エビ215
車エビ210
甘エビ60
<手軽な飲料>
名前含有量
リポビタンD1000
アルギンZ2000
前ページ 次ページ