第1節 反り腰の治し方〔自分で矯正体操を行う〕 

前ページ

<反り腰の治し方>

反り腰は、身体の前方の筋肉と後方の筋肉のバランスが崩れてしまっていること、正しい姿勢を形づくる身体の後方の筋肉を鍛える事です。また、身体の全面の筋肉の腹筋も弱い人が多いようです。筋力をつけることで、ある程度軽減できるといわれています。筋肉を鍛える、ほぐすためには、ストレッチが有効な方法です。いくつかヨガやストレッチ方法を述べます。

①腹筋を鍛える。船のポーズ
  • 1)膝を曲げて、体育座りの姿勢でおしり(2つの座骨を意識します)に重心をおきます。
  • 2)息を吸ってゆっくり足を床からはなし、床と並行な位置まで足を持ち上げていきます。
  • 3)腰は、手前に引き背筋を伸ばして胸を開きます。背中が丸くならないよう意識します。
  • 4)手を前に伸ばして足と同じ方向にのばします。
  • 5)腹筋に力をいれて状態をおこし、背中を丸めないようにして、目線は指先、アゴは少し引きます。
  • 6)1~5秒ぐらいその状態でキープして、身体をゆるめる事を繰り返します。
②大殿筋(おしり)の筋肉を鍛える
  • 1)うつ伏せになり、おなかの下にクッションなどをいれます。
  • 2)膝をまげて左右どちらか一方のお尻の力だけを使って、足を腿全体から真上に上げます。
  • 3)上げたまま1~5秒くらいキープし、左右同じように、繰り返します。
③骨盤のゆがみを調整する。(がっせきのポーズ)
  • 1)体育座りになり、左右の両膝を外側に倒します。
  • 2)両足の足裏同士を合わせ、合わせた両足を両手で包み込むようにします。
  • 3)そのまま身体の前方へ引き寄せていきます。
  • 4)おしりの2つの座骨で、床を体重を押し付けながら背骨を引き上げます。
  • 5)膝の内側をのばしたら、息を吸って、背筋を伸ばし股関節から身体を前方に倒します。
  • 6)1~5秒キープしてから身体をゆるめます。

反り腰は、正しい姿勢を保つことによって治す事ができます。そして、正しい姿勢を保つにには、筋肉を鍛える事が必要になります。普段の生活から運動不足を感じている人は、仕事で座る時に腹筋を意識する事や、電車に乗っている時も、背筋や、腹筋を意識するなどしてみましょう。なかなか運動をする機会がない現代の生活ですが、寝る前にストレッチなどして、緊張している筋肉には弛緩を、緩んでいるところには緊張を与えてあげることが必要です。

前ページ