第5節 歯のメンテナンス〔半年に一度は歯医者さんへ〕 

前ページ 次ページ

メンテナンスとは歯周病を再発させず、健康な状態を維持していくための定期的な治療のことです。治療が終了した後は3~6ヶ月ごとの定期検診の受診をお勧めします。歯周病は細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞(歯垢の蓄積)し、歯周病が再発します。

従って、この細菌の停滞(歯垢の蓄積)を除去し続けることで歯周病の再発を予防することができ、お口の健康を維持することができます。細菌の集団である歯垢(プラーク)は、毎日の適切なブラッシングでほとんど除去することが出来ます。しかし、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌はブラッシングでは除去できません。これらは歯科医院にて専門的なクリーニング(PMTCといいます)を行なうことによって除去することができます。

歯周病は再発の多い病気といわれています。治療により症状が改善したとしても、そこは一度歯周病に侵されたところです。治ったとしても溶けてしまった骨が完全に元通りに戻るわけではなく、ほとんどが歯と歯肉がそっと寄り添うような形で治っているのにすぎません。油断は禁物なのです。ブラッシングが不十分であったり、メインテナンスを怠ると細菌が活動しは じめ歯周ポケットが深くなります。そして容易に再発をおこします。また残念ながら、治療に限界があるため、部分的に治りきらないところが残ることもあります。しかしそのような部位でもメインテナンスを継続することにより、歯周病の進行を食い止めることができます。

歯のメインテナンス

  • 歯周精密検査
    • X線検査
    • 歯周ポケットの測定
    • 動揺度の検査
  • ブラッシングの再確認
  • 咬み合わせのチェック
  • 生活習慣指導
  • トゥース・クリーニング
  • 抗菌剤の塗布、フッ素塗布など

欧米では歯周病を「静かなる疾患」と呼びます。

これは患者さん自身が再発や進行を自覚することは困難であると言う事です。従って、歯を失わないためにもトラブルを感じなくても定期的に歯科医院でメインテナンスを受けることが必要なのです。

前ページ 次ページ