第3節 二日酔い〔二日酔い対策〕 

前ページ 次ページ

前日に飲み過ぎて、頭痛や吐き気とともに迎えた朝は辛いものです。二日酔い対策として、とっても手軽に試せるこんな方法、知っていましたか?

◆いつもと違う「○○する」だけ方法で、二日酔いから回復!

二日酔い対策の定番といえば、「水を多めに飲む」「シジミのみそ汁を飲む」といった方法ですが、ときにはいつもと違ったやり方で、気分を変えてみてはいかがでしょうか。二日酔いで辛いときだからこそ、手軽に出来る「○○する」だけ方法をご紹介します。

<ハーブティーを1杯飲む>

水を多めに飲むのがいいのはわかっているけれど、それもできそうにない。ならば1杯のハーブティーを飲むだけ方法をやって下さい。二日酔いの方におすすめなのは、吐き気を抑えるペパーミントやカモミール、利尿作用があるハイビスカスやダンデライオン(タンポポ)などです。優しい香りで、リラックスすることもできます。

<香りをかぐ>

ハーブティを用意するのもつらいときは、「ただ香りをかぐ」だけ方法を。それだけでも二日酔いの辛さを軽くしてくれます。おすすめは、利尿作用があるレモンや、消化を促進するローズマリー、頭をスッキリさせるペパーミント、デトックスが期待できるラベンダーなど。お好みに合わせて、香りを組み合わせても良いでしょう。

<お腹にカイロを貼る>

何かを用意するのもつらいし、そもそも時間がない。そんな方は「お腹にカイロを貼る」だけ方法を試しませんか。肝臓があるお腹の右上あたりに、貼るタイプの使い捨てカイロを貼って温めると、アルコールの分解が促進されると考えられています。

これはお灸と同じ発想で、温めることによって、肝臓の機能が高められます。食べ物を使った世界の二日酔い対策を知って、気分を変えよう。二日酔いは日本だけの話ではありません。

前ページ 次ページ