第3節 便秘の症状と原因〔便秘のタイプを知る〕 

前ページ 次ページ

◆便秘の症状で知る便秘の原因とは?

大きく分けると急性便秘と慢性便秘に分けられますので、それぞれの原因を説明します。

●急性便秘

・一過性単純性便秘の原因
この便秘の原因は、食事や生活の変化などをきっかけに起きるので、便秘の原因を除くことができれば治ります。
・症候性便秘の原因
この便秘は病気が原因で起きます。急性のものでは、腸捻転や腸閉塞などが原因です。

●慢性便秘(胃腸の病気)

便通の間隔が3日以上あったり、毎日排便があっても便が硬く、少ししか出ない場合の便秘のことです。このような慢性便秘の状態が長期間続くと、大腸癌や痔など、様々な病気を引き 起こす可能性が高まります。

・常習便秘
1)結腸性便秘(弛緩性便秘)の原因
この便秘の原因は、結腸の緊張がゆるんで、ぜんどう運動が弱く、便を十分に押し出せないこと。
2)直腸性便秘の原因
この便秘の原因は、直腸・結腸反射が鈍くなって、便意を感じにくくなるために起こる。
3)けいれん性便秘の原因
この便秘の原因は精神的ストレスで、それが原因で腸の蠕動運動が強くなり過ぎて起こる。
・症候性便秘の原因
大腸がんや大腸ポリープ等、腸内の便の通過を妨げる病気があるときに起こる。

便秘は、上のようなタイプに分けられますが、どうしても気になる方は、病院で医師の診察を受けることが必要です。

前ページ 次ページ