第6節 目・まぶた痙攣〔痙攣は目でも発生〕 

前ページ 次ページ

◆まぶたの痙攣(目の痙攣)

まぶたの痙攣とは、目の周りの筋肉の瞼(まぶた)がピクピク痙攣することです。まぶたの痙攣には、一時的なまぶたの痙攣と長く続く瞼の痙攣があります。

一時的なまぶたの痙攣の多くは、疲れやストレスによるものが多く、あまり心配しすぎず、疲れのサインだと思って、まずはゆっくり休養をすることが大事です。但し、まぶたの痙攣が一時的なものではなく、あまりにも長く続く場合には、目の病気の可能性も考えられますので眼科医で一度検査していただくことをお薦めします。

◆まぶたの痙攣の症状

まぶたの痙攣の症状は、目の周りの筋肉の瞼(まぶた)が痙攣することです。まぶたの痙攣の症状には、原因によって異なり、片側の瞼あるいは両側の瞼に生じるものがあります。

◆まぶたの痙攣の原因

まぶたの痙攣にもさまざまな種類があり、症状によってまぶたの痙攣の原因が異なります。

一時的なまぶたの痙攣の場合は、読書、ネット、テレビ、ゲーム、勉強などで目を長時間酷使することやドライアイ、睡眠不足などが原因でまぶた(目)が痙攣していると考えられます。

また、まぶたの痙攣の原因には、ストレスや目の病気によるまぶたの痙攣もあります。まぶたの痙攣が長く続き、一時的なまぶたの痙攣でない場合は、病院で一度診てもらいましょう。

◆まぶたの痙攣の予防

まぶたの痙攣が睡眠不足や眼精疲労が原因でない場合は、眼科専門医など病院で診てもらうことをお勧めします。まぶたの痙攣(目の痙攣)が疲れによる場合は、充分な睡眠・休養・バランスのよい食事をとり、またカシスやブルーベリー・ルテイン・ビタミンなど健康補助食品を上手く利用するようにしましょう。

前ページ 次ページ