第1節 眼精疲労に良い食品〔食事で疲れを取る〕 

前ページ 次ページ

◆目の疲れ(疲れ目)・眼精疲労に良い食品

ビタミンA、B群、C、ルテイン、DHA、アントシアニン(ポリフェノール)、タウリン、亜鉛を含む食品が目の疲れ(疲れ目)に良い食品です。しかし、大事なことは緑黄色野菜などを多く含み、季節の食材を取り入れたバランスの良い食事が、目の疲れ(疲れ目)にとっても一番重要です。

・ビタミンA
眼の粘膜を保護し、網膜を健康に保つ働き。
⇒主に緑黄色野菜の人参、ブロッコリー、ほうれんそう、かぼちゃなど
・ビタミンB1
エネルギー代謝を促すビタミンB1の不足で、眼から脳への神経伝達機能が悪くなり、疲れ目になりやすくなる。
・ビタミンB6
眼の水晶体と毛様体筋の主成分となるたんぱく質を吸収する。
・ビタミンB2やB12
細胞の再生を促進し、粘膜を保護する作用があり、眼の充血を防いで目の疲れを回復する。ビタミンB12が不足すると、角膜が炎症を起こしやすくなり、眼の充血を引き起こす。
⇒豚肉、ウナギ、豆腐、さば、さんま、のり、納豆、レバーなど
・ビタミンC
細胞の結合組織であるコラーゲン合成に働いて血管を強化する。
⇒イチゴ、いも類、柑橘類など
・ルテイン
抗酸化作用(活性酸素を排除)が高い。
⇒ほうれん草、ケール、キャベツ、レタス、ブロッコリーなどの緑黄色野菜
・DHA
網膜の働きを高め、視力改善に役立つと言われている。
⇒魚(特に青魚)に多く含まれています。
・アントシアニン
血管保護作用のほか、視覚機能改善作用や抗酸化作用
⇒ブルーベリー、カシス
・タウリンや亜鉛
肝機能を高めて、体全体のエネルギー代謝を改善し、疲労回復に役立つとして知られている。
⇒カキなどの貝類
前ページ 次ページ