第3節 ダイエット食品〔体脂肪を燃やす〕 

前ページ 次ページ

◆体脂肪を燃焼させる食品とは?

ダイエットのための食事といえば、基本はやはり摂取カロリーを抑えること。でも「厳しい食制限はちょっと…」という方は、代謝を高める唐辛子や生姜をはじめとする、体脂肪の減少が期待できる食品を取り入れてみてはいかがでしょうか。

◆体脂肪を燃焼させる食品とは?

辛味成分に含まれる「カプサイシン」は、熱の発生と放散を促して、体の新陳代謝を高めます。唐辛子料理を食べて有酸素運動を行うと、カプサイシンの働きにより、体のエネルギー源として脂肪が効率よく燃焼されるといわれています。

食べたものの消化・吸収および発汗を促すことによって新陳代謝を高める「ジンゲロン」が生姜の辛味成分には含まれています。この成分には、血液の循環を促すとともに、内臓を活性化させる働きもあるといわれています。

◆体脂肪の減少が期待できる食品

・唐辛子
辛味成分に含まれるカプサイシンは、熱の発生と放散を促して、体の新陳代謝を高めます。唐辛子料理を食べて有酸素運動を行うと、カプサイシンの働きにより、体のエネルギー源として脂肪が効率よく燃焼されるといわれています。
・生姜
食べたものの消化・吸収および発汗を促すことによって新陳代謝を高める物質ジンゲロンが生姜の辛味成分には含まれています。この成分には、血液の循環を促すとともに、内臓を活性化させる働きもあるといわれています。
・大豆
コレステロールを減少させ、中性脂肪の合成や吸収を抑える「大豆サポニン」という成分が含まれています。また、過酸化脂質を分解するのと同時に、過酸化脂質がつくられるのを防ぐ働きもあります。生の大豆よりも、高野豆腐や湯葉などの大豆製品に多く含まれます。
・青魚(イワシ、ハマチなど)
悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールが、肝臓で過剰につくられるのを抑えて、血液中のコレステロールや中性脂肪を減少させるといわれる不飽和脂肪酸「EPA」(エイコサペンタエン酸)が含まれています。 正月太りをリセットするには、まずは一歩を踏み出すことが大切です。新年の最初の目標達成のために、ぜひご紹介した方法を始めてみましょう。
前ページ 次ページ