第1節 なぜ肩凝りになるか〔実際は首痛なのです〕 

前ページ

肩凝りは、骨の異常や寝違いで起きるもの等さまざまです。ここでは一般的な事務作業で、座ったまま長時間の仕事をすると経験する疲労による肩凝りについて説明します。

1 なぜ肩凝りが起きるのか

恐らく殆どの人は、長い時間、机に向かって書き物したり、図面を書いたり、PCキーボード操作で肩が凝る、首筋が痛い、頭痛がする等の経験をお持ちでしょう。この姿勢では、重い頭が支えている肩や脛骨よりも少し前に傾いていますから、これを支えるためにうなじの筋や肩の筋がいつも緊張しています。それに加えて、両手でキーを叩いたり書き物をすれば両手の重みまで加わります。それが更に首や肩の筋肉と筋を一層緊張させるわけです。

元々、筋肉は緊張したり緩んだりする運動をリズムを持って行っています。丁度、ポンプが働くのと同じ効果で血液の流れが良くなり、疲労しにくい条件ができています。逆に、いつも同じように緊張していると、血流も悪くなって疲労してしまい、これが限界を超えると痛みを生じます。そして筋肉も硬くなってしまい、これが肩凝りです。

2 肩凝りの予防

肩凝りを予防するには、同じ姿勢を長時間続けないようにして、時々は全身を動かして、筋肉を緩めてやることです。更には、うなじや肩の筋肉を数秒間だけ緊張させては一気に緩める運動を繰り返して疲労を防ぎましょう。

3 強い肩凝り

肩凝りも酷くなれば、頭痛や痺れが強くなります。特に、手の痺れは肩甲骨の外側や肩甲骨と脊椎の間、肩などの筋のしこりが強い時に起こります。また、首筋や肘や指が痺れたり、強い痛みが続くようなこともあります。肩凝りが余りにも酷い場合には温める(温湿布)と効果があります。タオルを熱湯に浸して、しこりの強い部分に良く温めてマッサージをして、血流の循環を良くしましょう。

※鎮痛剤のバファリンやアスピリンが有名です。これは何故に鎮痛効果や解熱効果があるのでしょうか。それは滞った血流をサラサラと流すことで筋肉の疲労や痛みを取ります。

4 肩凝り解消体操

緊張したままの筋肉や筋を解消してやるには、筋肉を緩めて血流を良くしてやることです。

・首の4つの運動
顎を胸に付ける上下、耳を肩に付ける左右、顎を肩に付ける左右、左右の首廻し
・肩ストン運動
両肩を出来る限り上げて首を縮め数秒おき、息を吐きながら一気にストンと下ろす
・肩の回転運動
両肩を前廻し、後廻し、これを数回繰り返します
前ページ